人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

ゲームビジネス その他

ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
トイザらスなど一部店舗に、『スーパーマリオ64DS』から12月1日発売の『スライムもりもりドラゴンクエスト2〜大戦車としっぽ団』までニンテンドーDSの大量のタイトルが体験可能な新型試遊台が設置されています(サードは良く確認してないので嘘かもしれません、少なくとも任天堂はほぼ全部ありました)。

この試遊台は電源が入ると「Touch!Try!DS!」と表示され、下画面にタッチするとまずはオススメの5タイトルが表示されます。今日確認した段階では『おいでよ どうぶつの森』・『ポケモン不思議のダンジョン』などでした。ここで各タイトルをタッチすると体験できるようになっています。

またこの5タイトル以外を遊びたい場合は、「その他のゲームを検索」のパネルをタッチすると、「発売日」「タイトル」「メーカー」「カテゴリ」の4種類でゲームを検索することができます。初期のゲームから最近発売されたものまで確認することができました。もちろんこれらも体験できます。

最新作としては『スライムもりもりドラゴンクエスト2』、『ソニックラッシュ』、『スノボキッズパーティ』、『おいでよ どうぶつの森』などがありました。

体験台に設置されたニンテンドーDSには太いコードで後ろの体験台(「すれちがい通信」や「ダウンロードサービス」の行われた白い台です)に繋がっていて、その中から選ばれたタイトルを読み出しているようでした。起動は一瞬でした。

もし見かけたら体験してみては如何でしょう。

(サードはあまり入ってない模様)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

アクセスランキングをもっと見る