人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

トイザらスなど一部店舗に、『スーパーマリオ64DS』から12月1日発売の『スライムもりもりドラゴンクエスト2〜大戦車としっぽ団』までニンテンドーDSの大量のタイトルが体験可能な新型試遊台が設置されています(サードは良く確認してないので嘘かもしれません、少なくとも任天堂はほぼ全部ありました)。

ゲームビジネス その他
ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
  • ニンテンドーDSの新型体験台
トイザらスなど一部店舗に、『スーパーマリオ64DS』から12月1日発売の『スライムもりもりドラゴンクエスト2〜大戦車としっぽ団』までニンテンドーDSの大量のタイトルが体験可能な新型試遊台が設置されています(サードは良く確認してないので嘘かもしれません、少なくとも任天堂はほぼ全部ありました)。

この試遊台は電源が入ると「Touch!Try!DS!」と表示され、下画面にタッチするとまずはオススメの5タイトルが表示されます。今日確認した段階では『おいでよ どうぶつの森』・『ポケモン不思議のダンジョン』などでした。ここで各タイトルをタッチすると体験できるようになっています。

またこの5タイトル以外を遊びたい場合は、「その他のゲームを検索」のパネルをタッチすると、「発売日」「タイトル」「メーカー」「カテゴリ」の4種類でゲームを検索することができます。初期のゲームから最近発売されたものまで確認することができました。もちろんこれらも体験できます。

最新作としては『スライムもりもりドラゴンクエスト2』、『ソニックラッシュ』、『スノボキッズパーティ』、『おいでよ どうぶつの森』などがありました。

体験台に設置されたニンテンドーDSには太いコードで後ろの体験台(「すれちがい通信」や「ダウンロードサービス」の行われた白い台です)に繋がっていて、その中から選ばれたタイトルを読み出しているようでした。起動は一瞬でした。

もし見かけたら体験してみては如何でしょう。

(サードはあまり入ってない模様)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  2. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

    【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  3. 【GDC2010】任天堂、坂本賀勇氏が初めて明かすゲーム作りのアプローチ

    【GDC2010】任天堂、坂本賀勇氏が初めて明かすゲーム作りのアプローチ

  4. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  5. 今週発売の新作ゲーム『ファーミングシミュレーター19』『GOD EATER 3』『BLAZBLUE CENTRALFICTION Special Edition』他

  6. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  7. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

  8. セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得

  9. 時価総額3000億円、ソフトバンクが買収したスマホゲーム大手スーパーセルとは?

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る

1