人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト創業者がEAによる買収提案に諦め?

GamesIndustry.bizによれば、昨年末からエレクトロニック・アーツの買収提案を受けているフランスのパブリッシャー、ユービーアイソフトの創業者であるYves Guillemot氏は新聞Les Echosとのインタビューで「EAが正当な条件を提示すればもはや拒むことはできないだろう」と提案を認める発言をしました。

ゲームビジネス その他
GamesIndustry.bizによれば、昨年末からエレクトロニック・アーツの買収提案を受けているフランスのパブリッシャー、ユービーアイソフトの創業者であるYves Guillemot氏は新聞Les Echosとのインタビューで「EAが正当な条件を提示すればもはや拒むことはできないだろう」と提案を認める発言をしました。

昨年末にEAはユービーアイソフトの株式の20%を取得しました。これに対してユービーアイの経営陣は敵対的なものとして防衛策を講じ、フランス政府にも援助を求めていました。ホワイトナイトや携帯電話向けコンテンツを制作する子会社との合併なども検討されました。

Guillemot氏は次のように述べています。「私達はエレクトロニック・アーツの対立的な行為から安全では有り得ません。もし彼らが興味深い提示をしてくればそれを拒むのは難しいでしょう。しかし安い値段では私達の株主を納得させることはできないと思います」

ユービーアイソフトは『スプリンターセル』や『プリンスオブペルシャ』などで知られています。年末には『キングコング』をリリースする予定です。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

    【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  2. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

    ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【インディペンデントゲームジャパン】エンタメの世界を奏でるイノベーションはテクノロジー

  7. SCE、PSP向けグラフィック描画ツール「PhyreEngine for PSP」今春より提供開始

  8. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  9. 輝夜 月の大盛況ライブがPSVRでも楽しめる!『輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」』配信開始─新世代のポップ・アイコンは必見

  10. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

アクセスランキングをもっと見る