人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】バブルボブルDS(NDS)

任天堂 DS

タイトーが1986年に発売したアーケードの名作『バブルボブル』がニンテンドーDSに登場します。今回の東京ゲームショウではタイトーブースの一角に、1台だけ試遊台が設置されていました。発売は少し先ですが、製品版のようでした。発売は11月24日です。

『バブルボブル』とは泡はき怪獣バブルンとボブルンを操作し、敵を泡に包んで割って退治する面クリア型のパズル要素満載のアクションゲームです。『バブルボブルDS』では、元祖アーケード版を移植したClassic Versionとグラフィックを一新して新たな要素を追加したNew Age Versionが収録されています。今回はその両方を楽しむ事が出来ました。

まずClassicを遊んでみました。私は原作を遊んだ世代ではありませんが、当時人気だったというだけあって、シンプルなゲーム性ながら、アクションとパズル的な要素が上手く組み合わされた作品だなと感じました。敵に泡を当てて、その後に触ってやれば倒せて、ステージ上の全ての敵を退治するだけなのですが、ステージ設計や敵の配置の上手さと合間って非常に楽しく思いました。名作は何年経っても名作ということを実感させられます。

ただ一方でNew Ageの方は少々失望させられたと言ってもいいと思います。確かにグラフィックは綺麗で、キャラの動きも昔のファミコンのような感じから反応よくテキパキと動くようになっています。しかし何故だか物足りないのです。更に2画面への対応も蛇足に見えてなりません。このゲームでは自分の吐いた泡の上で上手くAジャンプをすることで、足場のように利用することができますが、そういったアクションでは、2画面の"つなぎ"の部分が非常に遊びにくかったです。確認できませんでしたが、天候やボスなどの新要素もあるそうなので、そちらに期待です。

『バブルボブルDS』は11月24日発売予定で価格は5040円となっています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  4. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  5. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  6. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  7. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  8. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

  9. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

  10. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

アクセスランキングをもっと見る