人生にゲームをプラスするメディア

EAのナンバー2が退社、大幅な人事改革

エレクトロニック・アーツは2人の副社長が退社するのに伴って、大幅な刷新人事を行うことを発表しました。

ゲームビジネス その他
エレクトロニック・アーツは2人の副社長が退社するのに伴って、大幅な刷新人事を行うことを発表しました。

Don Mattrick氏は1991年に入社、EAカナダ副社長、北米スタジオ副社長、ワールドワイドスタジオ社長などを務めて、世界最大の開発部門を取り仕切ってきました。Don Mattrick氏は1991年にEAが買収したディスティンクティブ・ソフトウェアの創業者で会長でした。退社の理由は「EAの外に機会を求めるため」と説明されています。

同じワールドワイドスタジオの上級副社長のBruce McMillan氏も退社しています。

Don Mattrick氏の後任にはワールドワイドスタジオのCOOを務めてきたPaul Lee氏が、COOにはDavid Gardner氏が就任します。

これに伴い様々な役職でも交代が行われ、上級副社長欧州パブリッシングのGerhard Florin氏は上級副社長インターナショナルパブリッシングに、上級副社長北米マーケティングのFrank Gibeau氏は上級副社長北米パブリッシングに、副社長のGlenn Entis氏は映像技術担当オフィサーにそれぞれ就任します。

「これらの役員はそれぞれリーダーシップとしてのスキルを磨き、EAに貢献してきました。これは私達の産業の中で最良のエグゼクティブチームだと確信します」とCEOのLarry Probst氏は述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『FINAL FANTASY VII REMAKE』『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』他

    今週発売の新作ゲーム『FINAL FANTASY VII REMAKE』『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』他

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 「Unity for 遊技機」発表、月額9000円でアーケード筐体の開発が可能に

    「Unity for 遊技機」発表、月額9000円でアーケード筐体の開発が可能に

  4. 台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

  5. バンナム「カタログIPオープン化企画」詳細判明…ニコ動なら誰でもOK、リアルグッズはNGなど

  6. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  8. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  9. 【任天堂資料庫】第7回 任天堂ゲームセミナーを振り返る

  10. 【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

アクセスランキングをもっと見る