人生にゲームをプラスするメディア

『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』飯塚氏インタビュー

任天堂 GC

IGNに『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』のプロデューサーの飯塚隆氏へのインタビューが掲載されています。ソニックのライバルであるシャドウが主人公のゲームで、今冬発売予定です。9月の東京ゲームショウ2005にも出展されるのではないかと思われます。

まずこの作品が作られるきっかけに関して飯塚氏は「今までには出来なかったような特徴を備えた大人のゲームで、ソニックフランチャイズをもっと広げたいと思い、それにはシャドウを主人公にするのが相応しいと考えた」としています。

『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』ではこれまでのソニックシリーズのような超ハイスピードのアクションに加えて、30種類を超える銃や杖などの武器や様々な種類のアイテムを使用することができ、更に10種類の乗り物も活用しながらステージを進んでいきます。もう1つの特徴は「マインドシステム」で、シャドウが"正義"か""悪かをリアルタイムで表示していきます。

プレイするステージは23レベルと50以上のミッションがあり、途中で分岐していくそうです。ステージの最初にはシャドウは正義か悪のどちらかのキャラに出会い、ミッションを与えられます。もしこれを選択しない場合はノーマルのステージをプレイすることになります。選択した場合はそのキャラと共に力を借りつつ進みます。

『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』はゲームキューブ、PS2、Xboxで発売される予定ですが、機種による違いは無いとのことです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  2. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  5. スイッチ『銀星将棋 強天怒闘風雷神』配信開始、Wii Uなどで登場した将棋ソフトがDL版に

  6. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  7. ポケモンパペット劇場「パペモン」に花澤香菜が出演!シェルダーとして“ヤドンのしっぽ”の魅力を熱唱

  8. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

アクセスランキングをもっと見る