人生にゲームをプラスするメディア

『キラー7』のレーティングもAOにすべき、とフロリダ州の弁護士

任天堂 GC

先日、テイク・ツーの『Grand Theft Auto: San Andreas』に性的描写の入ったミニゲームが入っていたとして、米国のゲーム格付けであるESRBのレーティングがM(17歳以上)からAO(18歳以上)に変更されました。この問題で、活躍したフロリダの弁護士Jack Thompson氏が、今度はGCやPS2で発売された『キラー7』のレーティングもAOに変更するように求めています。

Jack Thompson氏がESRB議長のPatricia Vance氏や上院議員のSenator Hilary Clinton氏、Senator Joseph Lieberman氏らに宛てたメールでは、同ゲームが暴力や性的な表現を多く含んでいるとして、レーティングをMからAOに変更するように働きかけています。MとAOは1歳の違いしかありませんが、主要なチェーンはAOのゲームを取り扱っていないという事情があります。

このメールでは、IGNが掲載したレビューの中で、このレーティングがMであることに疑問を呈した部分が引用されています。これに対してIGNは、レビューにあるように「本格的な性描写」が多くあるというのは一般的な映画などと比べた場合はそうかもしれないが、決して画面上で直接表現されるものではなく、間接的に示唆されるもので、映画であればPG-13か最悪でもRのレーティングにしかならないものだと反論しています。

この件に関してカプコンやESRBはコメントを出していません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  6. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  7. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  9. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで注目したいブキ8選!これらのブキが勝利のカギ!?

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る