人生にゲームをプラスするメディア

『お遍路さん』のピンチェンジが今年3月末に清算

任天堂 GC

最新号の日経ビジネスによれば、ゲームキューブ向けの『お遍路さん〜発心の道場(阿波国)編』を2003年4月に発売した、松下の社内ベンチャー企業・ピンチェンジが2005年3月末で清算されていたそうです。『お遍路さん』は続編も予定されていましたが、これで永遠にお蔵入りとなりそうです。

ピンチェンジは松下本体では出来ないような事業を迅速に行う為の組織として社内につくられたベンチャー企業で、Palmのバーチャルキーボード、無料公衆電話「モシーボ」、各種記念切手、そして四国巡礼体験ゲーム『お遍路さん』と多岐に渡る事業展開を行ってきました。

日経ビジネスの記事によれば、ピンチェンジは一定時間の宣伝を見ることで無料で通話が可能な公衆電話「モシーボ」を展開していましたが、設置台数が伸びず、赤字を出していたそうです。直接の原因がこれかどうかは不明ですが、2005年3月末で清算されたとのことです。「モシーボ」は別の事業者が事業を継続しています。

『お遍路さん』は自宅に居ながらにして四国八十八箇所の札所を巡るお遍路巡りが可能なゲームで、印籠型の専用歩数計を身につければ、日常生活で歩いた歩数をゲーム中に加算することができました。高齢者向けの施設などにも納入されて、リハビリの助けとしても注目されていました。

第一弾『お遍路さん〜発心の道場(阿波国)編』は23番までに対応していて、残りは続編で対応する予定でしたが、タイトル発表のみで実際に発売されることはありませんでした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集