人生にゲームをプラスするメディア

岩田氏が「レボリューション」について/Mercury News

任天堂 Wii

Mercury Newsに岩田聡氏へのインタビューが掲載されています。「レボリューション」の発売日などについての見解が示されています。以下はほぼ全文です。

――ソニーとマイクロソフトの発表の印象は

彼らと私達は違う方法で進んでいます。彼らはコンピューターグラフィックの限界を追及する為の仕様書に多くの力を割いています。その結果でも、メディアだけで、ゲームファンはそのグラフィックに満足してません。私はこの段階で性能について話すのを差し控えるべきだと思います。今出せる性能は信頼の置けるものではありません。最終版のハードを用意して、コントローラーを触れる状態にして、やっと性能について言えるのです。

――任天堂はゲームキューブでシェアを失いました。これから得られたものはありますか

私達は余り遅くハードを発売するべきではありません。また、市場に絶えず新しいゲームを供給する必要があります。ゲームキューブで、発売直後のゲームには問題がありませんでした。しかし継続的に質の高いゲームを発売することができませんでした。別の点では、人々がゲームのゲームのライブラリ(過去に発売されたゲーム)を気にするということです。私は量は重要ではないと思いますが、質は重要です。私達は次々に質の高いゲームを発売するでしょう。

――「レボリューション」発売のタイミングをどう考えますか

私は他の会社の考えに驚いています。私はまだ発売日を言える時期には居ません。2006年の戦略については年末に話す機会かせあります。そのときに「レボリューション」についてより詳しく、恐らくコントローラーも示す事が出来るでしょう。今はまだ早すぎるし、他社は憶測で物を言っています。彼らはPCで動かすプリレンダムービーと同じことが可能であるという仮定の上で動いています。

――任天堂の開発戦略は

過去の例が示すように私達は最初に開発者に接近することが直ぐに勝利に繋がるとは考えません。もっと大切なのは、彼らにどのようなことを提案し、ハードで何が可能かということです。そのためには余り遅くてはなりません。私達が素晴らしい提案をすることができれば、必ず開発者を味方につけることができると確信しています。

――ゲームボーイミクロの目標とは

ニンテンドーDSは新しいゲーム体験を望む人のためのものです。ゲームボーイミクロは小さく、手軽にゲームを遊びたいと望む人に合うでしょう。沢山の人が電車の中で携帯電話のゲームを楽しんでいますが、限界のあるゲームです。ゲームボーイミクロは胸ポケットに簡単に収まり、高品質のゲームを楽しむことができます。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  2. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  5. スイッチ『銀星将棋 強天怒闘風雷神』配信開始、Wii Uなどで登場した将棋ソフトがDL版に

  6. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  7. ポケモンパペット劇場「パペモン」に花澤香菜が出演!シェルダーとして“ヤドンのしっぽ”の魅力を熱唱

  8. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

アクセスランキングをもっと見る