人生にゲームをプラスするメディア

NOAジョージ・ハリスン副社長インタビュー/GameSpot

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカの上級副社長マーケティング&コーポーレートコミュニケーションズのジョージ・ハリスン氏はGameSpotとのインタビューで、「レボリューション」のダウンロードサービス、ゲームボーイミクロ、ゲームキューブの今後の戦略等に関して話しました。

まず、過去のゲームがダウンロードできるサービスに関してどのような価格体系が設定されるかという事に関しては次のように述べて、個々で様々な方法が考えられることを示唆しました。

「私達はこれを様々な方法で使うことができるでしょう。過去にはプレゼントか隠し要素のような形で使ったことがあります。自社タイトルに関しては、幾つかはこれと同じようなものが必ずあるでしょう。私達はまだそれらを売るかどうか明らかにしていません。サードパーティに関しては、値段をつけることもできますし、最新作を買ったボーナスとして提供するということもあるでしょう」

次にハリスン氏はゲームボーイミクロに関して「プレイやん」を同梱することを検討しているとしました。

「(価格のほかに)私達がもう一つ考慮しているのは日本で既に発売したプレイやんを同梱するということです。これがどのくらい意味のあることかどうか考えているところです。しかし内臓ではありません。プレイやんはゲームボーイミクロや通常のSPでも作動します」

最後に今後のゲームキューブに関して、「ゲームボーイのように小型化する可能性があるのか」との質問に次のように答えています。

「いいえ、ゲームキューブは現在の姿で行くと思います。私達はもっと価値ある同梱版について検討しているところで、8月に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を同梱したゲームキューブを99ドルで発売することを午後に発表する予定です。同様にゲームキューブを活性化させる為の2、3の策を今後考えているところです」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

    『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  2. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

    「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  3. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  4. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  5. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  6. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  7. 【CEDEC 2010】外国人が語る欧州言語向けローカライズの実情

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 剣×盾×魔法で敵を倒すVR体感アクション『サークル オブ セイバーズ』がプラサカプコン吉祥寺店で4月21日より稼働

  10. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

アクセスランキングをもっと見る