人生にゲームをプラスするメディア

1UPベスト・オブ・E3アワード発表、『ゼルダの伝説』がGotS

ゲームビジネス その他

雑誌「Electronic Gaming Monthly」や「Official U.S. Playstation Magazine」・「Computer Gaming World」などを出版し、ゲームサイト「1UP.COM」を運営する米Ziff Davis Mediaは4誌合同で実施した1UPベスト・オブ・E3アワードを発表しました。

2005年末に発売が予定され大きな期待を集める『ゼルダの伝説〜黄昏の姫(国内タイトル不明)』がゲーム・オブ・ザ・ショウ(大賞に相当)など3部門を制しました。任天堂タイトルとしては『ニンテンドッグス』がベストシミュレーションゲーム部門、『エレクトロプランクトン』がオリジナルゲーム部門を獲得しました。

プラットフォーム・ベスト
・GC ゼルダの伝説〜黄昏の姫(任天堂)
・PS2 大神(カプコン)
・Xbox Half-Life2(ビベンディ)
・Xbox360 Gears of War(マイクロソフト)
・PC Spore(エレクトロニック・アーツ)
・DS マリオカートDS(任天堂)
・GBA ガンスター・スーパー・ヒーローズ(セガ)
・PSP SOCOM(SCE)
・モバイル Rifts(N-Gage)

各部門賞
・アクション スタークラフトゴースト(GC/ビベンディ)
・アドベンチャー ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)
・シューティング Black(PS2/Xbox/エレクトロニック・アーツ)
・レーシング マリオカートDS(任天堂)
・RPG ドラゴンクエスト8(PS2/スクウェア・エニックス)
・シミュレーション ニンテンドッグス(DS/任天堂)
・ストラテジー Star Wars: Empire at War (PS2/ルーカスアーツ)
・ファイティング ソウルキャリバー3 (PS2/ナムコ)

その他・大賞
・ビジュアル アンリアルトーナメント2007 (ミッドウェイ)
・トレイラー メタルギアソリッド4 (PS3/コナミ)
・オリジナル エレクトロプランクトン(DS/任天堂)
・ゲーム・オブ・ザ・ショウ ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)

今年は日本勢が頑張りましたね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  3. 『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

    『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 任天堂、米国の小売向けソリューションを提供するSIRAS.comをInCommに売却

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. Valveが日本のインディー開発者に向けて講演「一緒にSteamの形を作ろう」

  8. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  9. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る