人生にゲームをプラスするメディア

2Dマリオが帰ってきた!―『ニュースーパーマリオブラザーズ』

SFC『マリオワールド』から約15年、GB『6つの金貨』から10年以上。本当に久々の「2Dマリオ」完全新作となる『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』。これをずっと待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。E3でプレイアブル公開され、いろいろな情報が明らかになりましたので、まとめて紹介したいと思います。

任天堂 DS
SFC『マリオワールド』から約15年、GB『6つの金貨』から10年以上。本当に久々の「2Dマリオ」完全新作となる『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』。これをずっと待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。E3でプレイアブル公開され、いろいろな情報が明らかになりましたので、まとめて紹介したいと思います。

グラフィックは、2Dの背景の上に、3Dのキャラクターが乗る形となっています。3Dになった恩恵か、キャラクターが以前に増して生き生きと見えます。また、カメラがダイナミックになり、状況によってズームイン・アウトするようになっているようです。

以前の2Dマリオよりもっとアクションは多彩になり、『64』『サンシャイン』にあったようなヒップドロップ・壁ジャンプもできるようになっています。横宙返りもあるようです。

画面は基本的に上画面がゲーム画面、下画面がスコアやコイン数、ストックされたアイテムなどを表示しています。土管に入って地下にもぐると下画面に出てくる、といったこともあるようです。アイテムは『ワールド』のようにストックすることができます。今回は3つストックでき、下画面をタッチすると使用できます。また、ブロックを下からたたき続けると膨らむキノコがあり、一番大きくなった時点で触れると、マリオが一時的に巨大化しパンチやキックもできるようになるようです。コースの最後には、『スーパーマリオブラザーズ』をほうふつさせる"旗"があるのが確認できます。

DSのワイヤレス通信を使った2人プレイモードもあります。一人はマリオ、一人はルイージを操り、先にゴールを目指します。青ブロックをたたくと相手が自分のところまで連れてこられるなど、「マリオカート」のような相手を邪魔するトリックもたくさんあるようです。

IGNのハンズオンでグラフィックの評価があまり良くなかった以外は、グラフィック・操作感覚など、おおむねどのサイトでも好評なようです。"懐かしくて新しい"新作2Dマリオ、期待して待ちましょう。
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンSV』囚われの身だったポケモンがついに解禁!?3DS以来の再会に「出るの何年ぶり!?」

    『ポケモンSV』囚われの身だったポケモンがついに解禁!?3DS以来の再会に「出るの何年ぶり!?」

  2. 山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

    山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

  3. 『ポケモン』スケールダウンが止まらない!?生まれ変わりつつある“悪の組織”という概念

    『ポケモン』スケールダウンが止まらない!?生まれ変わりつつある“悪の組織”という概念

  4. 『ポケモンSV』グレンアルマとソウブレイズが“鎧ライダー”に!?伝説のポケモンと協力タッグ実現なるか

  5. 『ポケモンSV』謎の新ポケモン発覚!?トレイラーに映り込んでいた“目玉エンジン”にファン騒然

  6. 『スプラトゥーン2』このギアが超かわいい10選!キュートにバトルするならこの新ギアを着よう

  7. 『スプラトゥーン3』特定操作で「フウカ」の服が消える―イカたちもビックリの「クラゲ」を通した“新世界”

  8. 『スプラトゥーン2』名前の上にある王冠は“強豪”の印!立ち回りにも影響するかも

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『スプラトゥーン3』フェスに向けたイラストが公開!スイッチで遊ぶ“マンタロー”に「どうやって操作してんの?」とツッコミ続出

アクセスランキングをもっと見る