人生にゲームをプラスするメディア

タイトーが海外タイトルを強化―DS『アスファルトアーバンGT』も

ゲームビジネス その他

タイトーは2005年3月期決算の説明資料にて海外タイトルのローカライズを強化する方針を明らかにしました。これまでも『ファインディングニモ』などを発売していますが、スタッフを増員していくようです。海外ではユービーアイソフトが発売したニンテンドーDS向け『アスファルトアーバンGT』もタイトーから発売されることが決定しています。

タイトーが発表した5月10日に発表した2005年3月期決算は、売上高が845億6000万円、営業利益が29億7000万円、以上利益は28億7500万円、純利益が17億1800万円となりました。業務用ゲーム機の販売が好調でしたが、家庭用向けゲームや業務用施設での不振で利益半減となりました。

今後の家庭用向けゲーム開発では市場拡大が期待できるニンテンドーDSとPSPそして今後登場予定の次世代機に開発プラットフォームを絞ると同時に開発期間の短縮による開発コストとリスクの低減を図っていきます。開発人員も1/3を業務用ソフト開発及び携帯コンテンツ開発に向けます。

これまでも『ファインディングニモ』や『スパイダーマン』で行ってきたように海外作品のローカライズや、PC作品の移植などを強化して製品ラインナップの拡大も行います。これには専門のスタッフを10名置くそうです。海外市場の開拓も進め、欧州では直販体制を作り、米国ではライセンスの強化をするとのことです。

海外ではユービーアイソフトから発売されたニンテンドーDS向けの『アスファルトアーバンGT』もタイトーから発売されることが決定しています。ローカライズ強化の一環でしょうか。発売は6月30日です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

    今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  5. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  6. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  7. 『ニーア』のヨコオタロウ、株式会社ブッコロを設立

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 元米国任天堂の荒川實社長とリンカーン会長がAIAS生涯功労賞を受賞

アクセスランキングをもっと見る