人生にゲームをプラスするメディア

ファミコン(NES)の海賊版業者が摘発(2)

ゲームビジネス その他

Gameindustry.bizによれば、ニューヨークとニュージャージーにて、海賊版の6万台のファミコン(海外ではNintendo Entertainment System)本体と『ドンキーコング』・『スーパーマリオブラザーズ』・『ダックハント』などのゲームを販売していた業者が摘発されたと地方検察官が明らかにしたそうです。

FBIの捜査官がおとり捜査でこの業者に、マンハッタン等で海賊版を販売するつもりだと持ちかけたところ、それに応じた中国国籍の業者4名を逮捕しました。この業者は2004年9月から12月にかけて28万台の本体が入った27台のコンテナを米国に輸入した罪にも問われています。

NOAの海賊版対策担当のJodi Daugherty氏は「任天堂はFBIの措置を賞賛します。米国の司法当局は米国から海外にかけて行われた犯罪を阻止する重要な役割を果たしました。世界中で増加している海賊版の対策に、任天堂は各地の当局と協力してこれに務めるでしょう」と述べています。

任天堂は海賊版によって2004年に8億6000万ドルの損失を被っていると話しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  2. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

    ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  3. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  4. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  5. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  6. DeNA、グリーとKDDIの訴訟に対して反論のコメント

  7. 新作“ファミコン”向けカセットインディーゲーム『アストロ忍者マン』―クラウドファンディングの可能性も【BitSummit Vol.6】

  8. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  9. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  10. 【GDC China 2011】用意周到な成功、iPhoneの人気作『フルーツニンジャ』開発秘話

アクセスランキングをもっと見る