人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ニンテンドーDSに新機軸な3タイトルを発表

任天堂はTouch-DS.jpにてニンテンドーDS向けに開発されている『東北大学未来科学技術共同開発センター 川島隆太教授の 脳を鍛える大人のDSトレーニング』・『DS楽引辞典』・『やわらかあたま塾』の3タイトルを公開しました。

任天堂 DS
任天堂はTouch-DS.jpにてニンテンドーDS向けに開発されている『東北大学未来科学技術共同開発センター 川島隆太教授の 脳を鍛える大人のDSトレーニング』・『DS楽引辞典』・『やわらかあたま塾』の3タイトルを公開しました。

『東北大学未来科学技術共同開発センター 川島隆太教授の 脳を鍛える大人のDSトレーニング』は脳を鍛えることができるトレーニングドリルです。DSの文字認識・音声認識を活用し、計算・音読などの問題を解いて脳を活性化します。このソフトではDSを縦にして使うようです。「子どもを賢くする脳の鍛え」などの著書を持つ東北大学の川島教授が監修しています。発売は5月で価格は2800円です。

『DS楽引辞典』はDSの機能を活用して手書きでも検索できる機能の付いた電子辞書です。三省堂の「デイリーコンサイス国語辞典」・「デイリーコンサイス和英辞典」・「新グローバル英和辞典」を(少なくとも)収録しています。チャット機能も付いていて、英単語クイズを出し合うなどの遊びもできる「遊べる電子辞書」」となっています。発売は6月で価格は4800円です。

『やわらかあたま塾』は簡単そうで奥の深い問題を次々に解いていってあたまをやわらかくするストレッチソフト。ワイヤレス通信で、1つのカードで最大8人にまで問題を送って解く速さを競うこともできます。6月発売で価格は2800円です。

Touch-DS.jpでは「NINTENDO DSから、全く新しいエンターテインメントソフトラインナップが誕生します」として、上の3タイトルに加えて『エレクトロプランクトン』と『nintendogs』も紹介されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  4. 「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

  5. 『スプラトゥーン2』新ステージ「ムツゴ楼」10月初旬に追加─このパワースポットに訪れると“ナワバリバトル”に勝てる!?

  6. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  8. 「Nintendo Switch Online」サービス開始時に遊べるファミコンゲームを全公開! 今後『ソロモンの鍵』『メトロイド』『忍者龍剣伝』など追加

  9. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  10. 『スーパーボンバーマン R』大型アップデートを実施!『悪魔城ドラキュラ』のアルカードや『ぼくってウパ』のウパ、『pop'n music』のミミ、ニャミなどが参戦

アクセスランキングをもっと見る