人生にゲームをプラスするメディア

任天堂は何故革新を目指すのか、NOA副社長Perrin Kaplan氏

ゲームビジネス その他

毎週、任天堂オブアメリカのキーマンに任天堂の次の一歩について尋ねる「The Nintendo Minute」の第4回は上級副社長マーケティング&コーポレートアフェアーズのPerrin Kaplan氏に、任天堂は何故革新を目指すのかについて聞いています。

PS3とXBox2はそれが非常に強力になる点を除けば、現在の機種と変わらないものを提供するつもりです。レボリューションは相当に違ったものになります。私達の質問は何故かという点です。市場は壊れそうには見えません。ゲーマーはより高いものを目指しています。任天堂はどうしてそれを直そうとしますか。そしてソニーやマイクロソフトは間違った方向を目指しているのですか?

ソニーやマイクロソフトは間違っている訳ではありません、彼らは単に同じ方向に進んでいるだけです。任天堂が否定したいのは、毎年毎年同じようなことをやっていくことです。新しくて革新的なものは、私達がニンテンドーDSで成功させたようにユーザーを刺激します。私達は長い間新しく刺激的なゲームを作ってきました。そして今、強く望まれる面白い製品によって業界を再生するとても大きな機会を得ました。

私達は市場が壊れたとは思いません、単に縮小しただけです。任天堂の目標は今のユーザーに満足してもらうだけではなく、新しいゲーム人口がどんどん増えていくことです。ipodによって音楽界は大きく変わり、他の多くの人々が完璧なCDプレイヤーを作ろうと努力しています。任天堂はこれと同様に今までと同じ道を歩むだけでなく、全く新しい地平線を目指そうとしています。確かにこれにはリスクがあるかもしれません、しかし新しい物を生み出すのは常に冒険家です。私達は革新的で新しい質をゲーム業界にもたらす任天堂の計画に自信を持っています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

    リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  7. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  8. 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い? Wii Uや次世代機が狙い目か

  9. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  10. HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

アクセスランキングをもっと見る