人生にゲームをプラスするメディア

任天堂は何故革新を目指すのか、NOA副社長Perrin Kaplan氏

ゲームビジネス その他

毎週、任天堂オブアメリカのキーマンに任天堂の次の一歩について尋ねる「The Nintendo Minute」の第4回は上級副社長マーケティング&コーポレートアフェアーズのPerrin Kaplan氏に、任天堂は何故革新を目指すのかについて聞いています。

PS3とXBox2はそれが非常に強力になる点を除けば、現在の機種と変わらないものを提供するつもりです。レボリューションは相当に違ったものになります。私達の質問は何故かという点です。市場は壊れそうには見えません。ゲーマーはより高いものを目指しています。任天堂はどうしてそれを直そうとしますか。そしてソニーやマイクロソフトは間違った方向を目指しているのですか?

ソニーやマイクロソフトは間違っている訳ではありません、彼らは単に同じ方向に進んでいるだけです。任天堂が否定したいのは、毎年毎年同じようなことをやっていくことです。新しくて革新的なものは、私達がニンテンドーDSで成功させたようにユーザーを刺激します。私達は長い間新しく刺激的なゲームを作ってきました。そして今、強く望まれる面白い製品によって業界を再生するとても大きな機会を得ました。

私達は市場が壊れたとは思いません、単に縮小しただけです。任天堂の目標は今のユーザーに満足してもらうだけではなく、新しいゲーム人口がどんどん増えていくことです。ipodによって音楽界は大きく変わり、他の多くの人々が完璧なCDプレイヤーを作ろうと努力しています。任天堂はこれと同様に今までと同じ道を歩むだけでなく、全く新しい地平線を目指そうとしています。確かにこれにはリスクがあるかもしれません、しかし新しい物を生み出すのは常に冒険家です。私達は革新的で新しい質をゲーム業界にもたらす任天堂の計画に自信を持っています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

    バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 基本無料ではなく完全無料!? 『Unreal Tournament』シリーズ最新作の挑戦

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

アクセスランキングをもっと見る