人生にゲームをプラスするメディア

野球ゲームでも価格競争―米国

ゲームビジネス その他

昨年低価格のフットボールゲームで大きな成功を収めたテイク・ツーは、今年は野球ゲームでも低価格で勝負に打って出るようです。野球ゲームを出せるのは今年が最後になったエレクトロニック・アーツも対抗した価格設定を行うと噂されています。

公式発表はありませんが、EBGamesがオンラインストアで掲載したテイク・ツーの『Major League Baseball 2K5』の価格は19.99ドル、こちらも正式な発表はないもののEAの『MVP Baseball 2005』は29.99ドルになると噂されています。実は昨年末に49.99ドルと発表していました、NFLと同様の轍は踏まない意思は明白です。

EAはテイク・ツーが独占契約を結んだことで来年からは野球ゲームを発売できませんが、負けて終わったという印象を与えるのは避けたいところでしょう。対照的に、契約から除外されたプラットフォーマーの野球ゲームは任天堂の『ニンテンドー・ペナント・チェイス・ベースボール』が49.99ドル、ソニーの『MLB 2006』が39.99ドルと通常と変わらない価格設定となっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  8. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  9. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  10. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

アクセスランキングをもっと見る