人生にゲームをプラスするメディア

任天堂・豊田氏がニンテンドーDSなどについてコメント

ITmedia Gamesに任天堂広報室長の豊田憲氏へのインタビューが掲載されています。ニンテンドーDS、プレイやん、任天堂の今後など様々なことに触れられています。最近のITmediaは勢いがありますね。

ゲームビジネス その他
ITmedia Gamesに任天堂広報室長の豊田憲氏へのインタビューが掲載されています。ニンテンドーDS、プレイやん、任天堂の今後など様々なことに触れられています。最近のITmediaは勢いがありますね。

まずニンテンドーDSのソフト売上が下方修正されたことについては当初は別個のソフトとして発売する予定だった『ピクトチャット』や『メトロイドプライム ハンターズ』が同梱に変わり、期待されている『Nintendogs』の発売が4月に延びたことを要因に挙げています。

豊田氏は日米合計で721万本ものセールスを記録した「ファミコンミニ」について「昔のゲームにあった手軽さと、敷居の低さが大事だと改めて認識させられた」としています。

E3で発表予定の新型ゲーム機に関しては「現在、次世代機を我々は「レボリューション」というコードネームで呼んでいるのですが、それをどういう形で出品すればいいのか、発表すればいいのかを思案しているところです。まあ、他社もそうだと思いますけど(笑)」としました。

そのE3については「実機か映像か、それともコンセプトか……。ある程度の評価も受けたいが、情報の出し過ぎも考えものなので、今はその板ばさみです。楽しさは数値では表せられませんし、遊びの違いをどのように示すかをいつも意識しています」とのこと。

今年は任天堂にとっても勝負の一年になるような気がしますが、その大きな山になる5月には一体どんなニュースが飛び込んでくるのでしょうか。ニンテンドーDSも潜在能力を十分に生かしたソフトがそろそろ発売されるでしょうし、春は大注目になりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  2. 北米でゲーム産業に従事する専門家は約4万人―調査結果

    北米でゲーム産業に従事する専門家は約4万人―調査結果

  3. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

    汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  4. スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”

  5. 『鉄拳』に見る、本格的格闘ゲーム完全フルCG長編アニメーション映画への道・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第20回

  6. フォード、Oculusを活用しクルマの内装デザイン 環境構築のコストは劇的に低下

  7. タカラトミー、三菱グループが筆頭株主に

  8. 【CEDEC 2010】3日間で作ったソーシャルゲームが完成したようです~社員を奪いながら売上を伸ばせ

  9. 【China Joy 2011】中国でも始まった「Mobage」について聞いた

  10. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

アクセスランキングをもっと見る