人生にゲームをプラスするメディア

テイク・ツーが選手会以外のMLB関連団体とも契約を締結

テイク・ツー・インタラクティブは先週発表したMLB選手会との独占契約に加えて、MLBの球場やチームやオンラインメディアなどの権利を管理しているMajor League Baseball Properties(MLBP)及びMajor League Baseball Advanced Media(MLBAM)とも同様の契約を結んだと発表しました。

ゲームビジネス その他
テイク・ツー・インタラクティブは先週発表したMLB選手会との独占契約に加えて、MLBの球場やチームやオンラインメディアなどの権利を管理しているMajor League Baseball Properties(MLBP)及びMajor League Baseball Advanced Media(MLBAM)とも同様の契約を結んだと発表しました。

またテイク・ツーはヤンキースのスター選手・Derek Jeterと、新しく設立したブランド「2K Sports」タイトルのスポークスマンになってもらい、ゲームソフトのカバーに使用する契約も結びました。

情報筋によれば今回の契約は2006年春から有効となり、期間は7〜8年と言われています。ただし、先に任天堂が『ニンテンドー・ペナント・チェイス・ベースボール』を発表したように、プラットフォームホルダーがその機種に独占的な野球ゲームを開発することは認められています。

「テイク・ツーの業界を主導するパブリッシャー、ディストリビューターという地位と、ビジュアル・コンセプトと共に質の高いスポーツゲームを開発した経験がメジャーリーグとのパートナーシップに至りました。テイク・ツーは今年より多くのタイトルを提供するつもりです。そして野球ファンにとっても刺激的な一年になることでしょう」とMLBPのHoward Smith氏は述べています。

テイク・ツーでは様々なスタイルの野球ゲームを開発すると表明しています。開発は主にセガから買収したビジュアル・コンセプトが担うことになるでしょう。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  3. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

    2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  6. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  7. 世界で戦うスマホゲーム『サムライディフェンダー』を収益で支えるタップジョイの広告ソリューション「nGEN」

  8. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

  9. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  10. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る