人生にゲームをプラスするメディア

2004年の北米ゲームソフト売り上げは絶好調

ゲームビジネス その他

米NDPとESAによると、2004年の北米ゲームソフト販売額は家庭用とパソコンを合わせて73億ドル(2億4800万本)あまりを売り上げたということです。これはゲーム機及びその他のアクセサリーなどを除いた数字です。

内訳は、家庭用機向けゲームソフトが52億ドル(1億6000万本)、パソコン向けが11億ドル(4500万本)、携帯機向けが10億ドル(4200万本)あまりと、2003年の70億ドル(2億3900万本)を上回っています。

このうち家庭用向けでは12タイトルが100万本以上、50タイトルが50万本以上、そして197タイトルが25万本以上の売り上げを記録したということです。ジャンル別ではアクション(30.1%)、スポーツ(17.8%)、FPS(9.6%)、子供・家族向け(9.5%)、レーシング(9.4%)、RPG(9%)、格闘(5.4%)の順となっており、日本とでは好まれるジャンルの違いが明確になっています。

ESAのDouglas Lowenstein社長は「2004年は幅広い層のユーザーに支持されてゲームソフトが飛ぶように売れました。そして市場は次世代ゲーム機の登場により今後5年間は二桁成長を遂げるでしょう」と述べています。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  4. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  5. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  6. 【今どきゲーム事情】杉山淳一:専修大学の「Eスポーツ講座」に潜入!

  7. 【nintendoutside】 ゲームの原点?『レトロアタリクラシックス』

  8. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

  9. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  10. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

アクセスランキングをもっと見る