人生にゲームをプラスするメディア

EAがESPNと15年間の独占契約を締結

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツは米国の最大手スポーツチャンネルESPNとの間で今後15年間の独占名称使用権を主とする提携に合意したと発表しました。NFLの独占契約に続いて、スポーツゲームでの競合相手、特にESPNブランドを用いてテイク2と共同で積極展開を見せていたセガには強烈なダメージとなります。

合意によれば、エレクトロニック・アーツはESPNのテレビ番組、雑誌、オンラインメディアなど全ての保有するメディア上で独占的なゲームとする権利を得ました。適用範囲は家庭用ゲーム機、PC、携帯電話など全てのプラットフォームで、2006年からESPNの名前を冠したゲームを発売するとのことです。

セガとテイク2は昨年、ESPNブランドを使用したスポーツゲームを他社の半値程度の積極的な価格で発売し大きな市場シェアを獲得しました。今回の合意は両社にとって大打撃になるのは間違いありません。またアナリストはNFL以外のリーグも選択を強いられる「臨界点」をもう直ぐ超えるかもしれないと言います。

「EAが唯一の力あるスポーツゲームメーカーとなれば、NBA、MLB、NCAA、NHLや他のスポーツ・リーグは今すぐEAと長期的な独占契約を結ぶか、将来的に非常に弱い立場に立たされるか、ということを選択しなくてはならなくなるだろう」とバンクオブアメリカ証券のGary Cooper氏は述べています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 【SIGGRAPH ASIA 2009】業界関係者は必見、セガの人材教育

    【SIGGRAPH ASIA 2009】業界関係者は必見、セガの人材教育

  4. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  5. 『Mr.インクレディブル』の続編が発売決定

  6. 『クラッシュ・バンディクー』や『ラスアス』のノーティードッグ、公式グッズサイトをオープン

  7. 新生『フロッグミニッツ』を支えたユニティの威力とは?

  8. SCE、PS3/NGPに対応したグラフィック描画ツール「PhyreEngine」の最新版を提供開始

  9. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  10. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る