人生にゲームをプラスするメディア

2005CESの任天堂ブースの様子

ゲームビジネス その他

Nintendo Insiderにて2005 Consumer Entertainment Expot(CES)の任天堂ブースの様子の写真が掲載されています。CESはエレクトロニクス業界の一年を睨む重要なショーですが、任天堂としては余り重視してないらしく今年も特に注目される展示はありませんでした。

CESで任天堂は車両を改造した特設ブースに『マリオテニスGC』を展示したり、『メトロイドプライム2』用の大型プラズマディスプレイを用意するなどしていました。この他出展されていたのは『さわるメイドインワリオ』、『バイオハザード4』、『スターフォックス アサルト』そしてDS向けの新しいパズルゲーム『Polarion(ヒトフデ?)』だとのこと。

ちなみにソニーやマイクロソフトもCESでは特に大きな動きはありませんでした。ソニーがPSPを「3月に発売するかも」と言ったくらいですね。次の注目は3月7日からサンフランシスコで開催されるGame Developers Conference 2005(GDC)で、ここでXboxの後継機Xenonが発表されるのではないかと見られています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  3. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  4. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

アクセスランキングをもっと見る