人生にゲームをプラスするメディア

「サンタの手も借ります」NOAのカスタマーサービス

ゲームビジネス その他

サンタクロースが舞い降りるこの時期はカスタマーサポートも大忙し。プレゼントを渡したサンタはどこへ行くのでしょう?任天堂によれば「今度はカスタマーセンターで遊び方を教えてくれる」そうです。任天堂オブアメリカのカスタマーサポートは例年12月の最終週には9万件を超える問い合わせを受けるそうです。

近年はカスタマーサービスを外部の会社に委託する企業も増えてきていますが、任天堂は社内にゲームカウンセラー、カスタマーサービス担当者、オンラインスタッフを置いてユーザーからの質問や修理依頼などに答えます。毎年この時期は問い合わせが多いので、スタッフの数を60%増員しているそうです。

ゲームカウンセラーはゲームの攻略法などに精通したスタッフで、全ての任天堂ハードで発売された3300本にものぼるゲームの情報にアクセスできる体制になっているそうです。

任天堂は通常時に一週間に3万3500本の電話と7500通の電子メールそして500通の手紙に対応していて、1985年にカスタマーサービスが設立されて以来7800万人以上に電話で、320万人に電子メールで対応してきたそうです。

ちなみに一年前の同じ記事はこちら
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  9. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る