人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ドンキーコング ジャングルビート(GC)

任天堂 その他

タルコンガを使った一風変わったアクションゲーム『ドンキーコング ジャングルビート』です。オープニングはあるけどストーリーは特になし、頭を空っぽにしてタルコンガを叩いてバナナを集めてボスを倒す、体を使った正にアクションゲームです。

操作はタルコンガの左右と手拍子センサーを使います。左右でドンキーの移動、両方を同時に叩くとジャンプします。拍手することで音波が出て敵を攻撃したり、地形に様々な変化が出たりします。今までに無い操作法に慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、直ぐにこれ以外考えられなくなる事間違いありません。

ゲームは幾つかの「世界タル」から構成されていて、各「世界タル」の中に4つずつステージがあります。各ステージは2つのステージとボスステージから成っています。ステージでは獲得したバナナの数に応じて、ゴールド(800以上)・シルバー(400以上)・ブロンズのクレストが貰えます。このクレストの数で次のステージが登場していきます。「世界タル」の4つのステージをクリアすると次の「世界タル」が発見されます。(恐らく「世界タル」は4つ。つまり4x4で16ステージ)

ステージは森林、洞窟、火山、雪山など様々なバリエーションが存在しています。ステージでは基本的にバナナを集めながら奥へ奥へ進んでいくことになりますが、その中には多くの仕掛けが置かれています。以前のドンキーコングシリーズには回転するタルがありましたが、似たような仕掛けがあります。これと壁キックやツルを組み合わせて空中で地上に降りることなく沢山のアクションを決めながらバナナを取ると、コンボになりより多くのバナナが得られます。ステージはコンボを上手く決めていけるような設計になっていて、言ってこればソニックのようにある程度進むべき道が想定されています。そのため自由度は低いかもしれませんが、タルコンガの直感的な操作と共に爽快感を感じさせてくれます。

グラフィックはそれほど書き込まれている風でもありませんが、とにかく綺麗で、ゲームキューブ史上最高なのではないかという気がします。エフェクトスタッフが『風のタクト』にも関わっていた方ということもあってか、そういう雰囲気を感じる場面もありました。

全体的な印象としては、やはり任天堂のアクションだけあって悪かろうはずがありません。タルコンガを叩くだけの単純で体感的なアクションは遊ぶ価値があります。夜に遊べないことや、長い時間遊ぶと手が疲れることが欠点ですが、もし財布に余裕があれば是非遊んで貰いたいゲームです。タルコンガ、ということだけで敬遠してしまうのは勿体無さすぎます。実は中心スタッフは余り評判の良くなかった『マリオサンシャイン』のメンバーなのですが、名誉挽回の一作です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  6. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

  7. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  8. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  9. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  10. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

アクセスランキングをもっと見る