人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームの定義を広げないといけない」―岩田聡社長

ゲームビジネス その他

任天堂の岩田聡社長は毎日新聞のインタビューで、ニンテンドーDSがもたらすもの、来春発表予定のレボリューションなどについて話しています。

ニンテンドーDSを始めとして、ゲームキューブやGBAでもタルコンガや回転センサーなど最近の任天堂はインターフェイスへの挑戦が続きますが、岩田氏は「ゲームの定義を広げないといけない」と説明しています。電子辞書を活用したゲームを開発中で、『Nintendogs』でも従来のゲームの"文法"にとらわれないゲーム作りをしているそうです。

それが実を結んだのか最近はクリエイター達からのボトムアップ式の提案が増えているそうです。「ネタを消費するよりたまるスピードが早い。むしろマンパワーには限りがあるから、何から作るか迷うほど。これからはタイムリーにお客にゲームを出すのが大事になってくるだろう」。

レボリューションについては「詳細はノーコメントだが、DSを見れば方向性はわかってもらえるはず」と今まで通りの回答です。岩田氏は「昔はマリオが動くことが事件だったが、今ではリアルな車のゲームを作って、走らせても当たり前。だが驚きがなく娯楽と呼べるのか」とも話しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  7. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  8. 【特集】就職はあくまで通過点。「創る・見せる・売り込む」が方針の「アミューズメントメディア総合学院」の学びとは

  9. 中国政府、試験的に「ゲーム機禁止令」を解除 ― 外資系エンタメ企業の設立も緩和

  10. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

アクセスランキングをもっと見る