人生にゲームをプラスするメディア

『直感ヒトフデ』のミッチェルは次回作もDSで?

任天堂 DS

ニンテンドーDSの同発タイトルとして発売されて高い評価を得ているパズルゲーム『直感ヒトフデ』を開発したミッチェルは次回作もDSで開発したいとの意向を持っているようです。

『直感ヒトフデ』のディレクター、ゲームデザイン、サブプログラマを務めた萩原高晃氏は日経エンタテインメント2005年1月号に掲載されたインタビューで、「インターフェイスを生かしたアイデアがまだまだあるので次回作も作りたい」と述べています。

インタビューによれば、『直感ヒトフデ』は元々アーケード向けに計画されていた作品で「いい時期に」DSが登場したことからDS向けに開発されることになったそうです。開発チームは4、5人の小所帯だったようです。

ミッチェルは主にアーケードで活躍している会社で、『直感ヒトフデ』ではそのこともあってかインターフェイスで不満の残る部分もありましたが、中毒性の高いゲームでしたので、次回作にも是非期待したいところです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”第二弾!サーモンランやスペシャルウェポンのあるある10選

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”第二弾!サーモンランやスペシャルウェポンのあるある10選

  2. 【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─箱庭系&3Dアクション編

    【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─箱庭系&3Dアクション編

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. スイッチ版『東方紅舞闘V』11月2日にリリース決定! 対人戦や多彩な要素を最新映像でお届け

  5. スイッチ版『バイオハザード リベレーションズ』シリーズにミニゲームを収録─『2』には『魔界村』風アクションが登場

  6. 【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─横スクロールアクション編

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. 『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」もとうとう100回!『スーパーマリオ オデッセイ』を大特集─有野課長や濱口D、テンタクルズもお祝い

アクセスランキングをもっと見る