人生にゲームをプラスするメディア

GOLDEN JOYSTICK AWARDS 2004が発表に、任天堂3つの賞を受賞

ゲームビジネス その他

出版社のFuture Publishingなどが主催する英国のゲームアワード「GOLDEN JOYSTICK AWARDS 2004」の発表がロンドンのPark Lane Hotelにて行われました。任天堂は『ゼルダの伝説』などで3つの賞を受賞しました。

任天堂が受賞したのはGame Cube Game of the Year(最高のゲームキューブ・ゲーム)、Hardware of the Year(最も良かったハード)、Most Wanted Game For 2005(来年最も期待されるゲーム)で、それぞれ『マリオカートダブルダッシュ』、「GBASP NESエディッション」、『ゼルダの伝説』が選ばれています。

任天堂はこの他にも高い評価を受けていて、次点に選ばれたゲームに、『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル(Game Cube Game of the Year)』、『メトロイドゼロミッション(Handheld Game of the Year/携帯機向けゲーム)』、『マリオ&ルイージRPG(同)』、『ゼルダの伝説〜4つの剣(Game of the Year/大賞)』があります。

昨年から始まって、宮本茂氏が最初に選ばれた殿堂入りには『Ultima Underworld』や『Deus Ex』などの開発者でION Stormの創設者のウォーレン・スペクター氏が選ばれました。

その他の受賞作品についてはリンク先をご覧下さい。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  7. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  10. 海を超えた本当の意味での共同開発が結実した『ドラゴンボールオンライン』(1)

アクセスランキングをもっと見る