人生にゲームをプラスするメディア

「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

「『メトロイド』のサムスの性別は決まっていなかった」など制作秘話が明かされます。

ゲームビジネス 開発
欧州任天堂、 『スーパーマリオギャラクシー2』や『METROID: Other M』などの発売日を公開
  • 欧州任天堂、 『スーパーマリオギャラクシー2』や『METROID: Other M』などの発売日を公開
「『メトロイド』のサムスの性別は決まっていなかった」など制作秘話が明かされます。

任天堂の坂本賀勇氏は海外メディアRevogamers.netに『メトロイド』の制作秘話を語りました。氏は『メトロイド』『スーパーメトロイド』を手がけた、『メトロイド』シリーズの生みの親です。

主人公サムス・アランといえば、任天堂を代表するヒロインの一人。普段はメカニカルなスーツに身を包んでいますが、短時間でゲームを解くと女性であることが判明して話題となりました。

「開発の最初、サムスの性別は決まっていませんでした。開発している間にスタッフと話したのは“ゲームを解いたときにサムスが実は女性だった・・・と分かったら、プレイヤーをびっくりさせるんじゃないか”ということでした。良い考えだと思ったので、我々はこれを取り入れました。偶然にも僕には娘がいたんですよ」

「僕らは面白いゲームコンセプトを作りました。最終的に製品がどういう形になるか分かる前に発売日が決定されました。ゲームはプレイできる状態じゃなかったですが、発売日はあっというまに近づいてきました。初代『メトロイド』のチームメンバーはゲーム開発経験が少なく、僕は数本のゲームに携わったことのある一人でした。僕らは緊急ミーティングを行い、ゲームに何も加えることなく今ある問題を解決できるよう討論しました。このときに決まったのが、迷宮のようなシステムです。パワーアップと秘密のドアとアビリティが新しいエリアへの道を開くんです」

Revogamers.netは「ダウンロードタイトルになるとしても、2Dの『メトロイド』に戻りたいですか?」と問いかけますが、坂本氏はこう答えます。

「2Dの『メトロイド』や、似たようなタイトルの計画も現在はありません。しかし、機会があるか新しいアイデアが浮かぶならきっとそれは楽しいでしょうし、何かしてみたいですね」

『メトロイド』シリーズは海外開発が続いていましたが、海外と日本のサムス像の違いに関してはこう語ります。

「シリーズはしばらく海外にありましたが、いまはルーツに帰っています。『メトロイド』神話の多くの支持者たちは日本への帰還に満足していると思います。サムス像に関しては難しい質問です。皆が『メトロイドプライム』シリーズに関して尋ねますが、これは『メトロイド』の時間軸の一部ではありますが、完全に異なったものです。これらは完全に無関係ですが、サムスのパーソナリティの別な一面を表すものであり得ます。僕は西洋開発のサムスと日本開発のサムスの間に境目を作りたくないんです。僕にとって本当のサムスは、皆さんが『METROID : Other M』で出会うサムスですね」

『METROID : Other M』発売直前に収録されたこのインタビュー、『メトロイド』誕生前夜の熱気が伝わってきますね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. ファミコン26周年!ドットテイストなマリオグッズ・・・週刊マリオグッズコレクション第43回

    ファミコン26周年!ドットテイストなマリオグッズ・・・週刊マリオグッズコレクション第43回

  4. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  5. 任天堂、モノリスソフトをバンダイナムコから買収

  6. 室蘭市長選は新宮氏が4選−3800票差で川畑氏かわす(室蘭民報)

  7. 今週発売の新作ゲーム『Deracine』『OVERKILL's The Walking Dead』『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』『テトリス エフェクト』他

  8. DeNAのエンジニアスペシャリスト採用、新卒でも最高年俸1000万円

  9. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  10. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る