人生にゲームをプラスするメディア

「トイザラスカーニバルinとしまえん」会場レポート

ゲームビジネス その他

としまえんで開かれた「トイザラスカーニバルinとしまえん」。その屋内ブースには、任天堂ブースやスクウェアエニックスブースなどたくさんのブースがあり、たくさんの親子連れでにぎわっていました。会場のレポートです。


としまえんの入り口。「トイザラスカーニバル」の文字がはっきりと。奥にはソニックの姿が。

任天堂ブースが、恐らく一番ブースは大きかったように思えます。『マリオテニス』、『マリパ6』、『ドンキーコングジャングルビート』、『ヨッシーの万有引力』、『まわるメイドインワリオ』など期待のタイトルが目白押しで、かなり混みあっていました。

GBA『ヨッシーの 万有引力』のインプレッションはこちら
GC『ドンキーコング ジャングルビート』のインプレッションはこちら


任天堂ブースではドンキーやディディーのお面というかかぶりものが配られていました。ドンキーにとても力を入れている感じを受けました。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. 元欧州任天堂社長がモバイルブリッジに

  5. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  6. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  7. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  8. ディライトワークス 塩川氏×糸曽教授対談-現役クリエイターが大学で教える理由と業界への危機感を訊く【インタビュー】

  9. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  10. マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!

アクセスランキングをもっと見る