人生にゲームをプラスするメディア

MajescoがニンテンドーDS向けに来年2タイトル発売

任天堂 DS

パブリッシャーのMajescoはニンテンドーDS向けに『Moonlight Fables』と『Nanostray』の2つの独占タイトルを開発中で来年発売すると正式に発表しました。どちらもタッチパネル、ワイヤレス通信、2画面などを特色とします。

社長のJesse Sutton氏は「ニンテンドーDSやとてもユニークやインターフェイスや、ワイヤレス通信、タッチスクリーンなど様々な特徴を約束します。MajescoはニンテンドーDS向けに2タイトルを発表できることをとても嬉しく思い、ユニークなゲームを作る事を楽しみにしています」とコメントしています。

『Moonlight Fables』は横スクロールのアクション/アドベンチャーで、Cyber Philharmonicが開発中です。プレイヤーはタッチパネルを使って月の満ち欠けを操作し、主人公の狼パワーを操るそうです。

『Nanostray』はShin'enが開発中の3Dシューティングゲームです。タッチスクリーンを使ってレーダーを操作して敵を発見したり、武器の管理を行ったりするそうです。

テクノロジー・オフィサーのKevin Ray氏は「ニンテンドーDSは開発者達に大きなパレットを提供し、私達はGBAにワイヤレス通信の機能を付け加えたのと同様に、クリエイティブなものを作る事ができると期待しています」とコメントしています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  2. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  5. スイッチ『銀星将棋 強天怒闘風雷神』配信開始、Wii Uなどで登場した将棋ソフトがDL版に

  6. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  7. ポケモンパペット劇場「パペモン」に花澤香菜が出演!シェルダーとして“ヤドンのしっぽ”の魅力を熱唱

  8. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

アクセスランキングをもっと見る