人生にゲームをプラスするメディア

Reggie Fils-Aime氏がニンテンドーDSについて講演

任天堂 DS

任天堂オブアメリカ上級副社長のReggie Fils-Aime氏は、雑誌EGMなどゲーム関係の雑誌を多数出している出版社Ziff Davisが主催した「8th Annual Ziff Davis Electronic Gaming Summit」にて講演を行いました。Reggie氏は年末に発売を予定しているニンテンドーDSなどについて述べました。以下はスピーチの概要です。

●任天堂は高機能と高い娯楽性の間に永遠の相違があることを理解します。プレイヤーがゲームとどう対話するか、という部分を改善していくことは高画質のグラフィックを追及することと同じくらいに重要です。任天堂はゲームの見栄えだけでなく、プレイを良くしたい。ハードウェア技術ではなく、ソフトウェアがハードの売上を決める。

●どんな製品もゲームボーイ以上の成功を収めたものはない。技術の世界で、製品が10年間成功し続ければそれは成功と呼ばれる、しかしそれが15年間にも渡れば、それはゲームボーイとしか呼ばれることはない。何年にも渡って9人の挑戦者がゲームボーイの支配を破ろうとして失敗した、彼らは技術的に革新的でなかっただけでなく、彼らはこれがテクノロジー・ビジネスだと誤解していた。任天堂は娯楽産業に居るのであって、それに従い成功した。

●ソニーでさえ近年は娯楽と技術の区別を強調します。EyeToyの売上は技術的に優れたPSXをはるかに凌駕しています。なぜか、それはEyeToyがエンターテイメントだからです。多くの挑戦者はより精巧な技術を提示してきました、しかしゲームボーイは真のエンターテイメントを提示し続けてきました。

●任天堂はニンテンドーDSを同じ思想で設計しました。一見したところ、DSとPSPの新携帯ゲーム機は両方ともゲーマーをハードウェアのレベルで魅了します。しかし、一旦家に持ち帰れば永続的な興奮をゲームから、エンターテイメントから得ることができます。ニンテンドーDSはそれを全く新しい方向から提供します。

●ゲームを遊ぶ為の唯一の機能を拡張するように設計されたニンテンドーDSは社会的な区分での携帯ゲーム体験を可能にしました。最大16人までがワイヤレスで接続することができます。ニンテンドーDSはまた、インターネットブラウザを通じて、長距離の接続も可能です。

●2画面、ワイヤレス通信、音声認識などのニンテンドーDSの技術上の利点を活用した120以上のゲームが世界中で開発されています。それは、あなたがどんなに長い間ゲームを遊んできたとしてもこれまでに体験したことがないアドベンチャーを楽しめることを意味します。開発者達は真っ白のキャンパスを与えられたように感じていて、「ワウ」と言っているところです。

●ゲーマーもその言葉をすぐに言うことになるでしょう。次の15年間、ちょうどこれまでの15年のように、携帯ゲームは「Nintendo」という1つの言葉で呼ばれるでしょう。なぜなら、任天堂は常に携帯ゲーマーに同じ言葉、「ワウ」と言わせ続けるからです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』バシャーモやジュペッタなどのメガストーンが配布開始、全5種類

    『ポケモン サン・ムーン』バシャーモやジュペッタなどのメガストーンが配布開始、全5種類

  2. 『スプラトゥーン2』新BGM「Endolphin Surge」が公開、タワレコで販売予定のCDにも収録

    『スプラトゥーン2』新BGM「Endolphin Surge」が公開、タワレコで販売予定のCDにも収録

  3. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」6月23日号―フリューのJRPG『アライアンス・アライブ』が発売!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」6月23日号―フリューのJRPG『アライアンス・アライブ』が発売!

  4. 3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』新ポケモン2匹の姿をお披露目、その正体とは…?

  5. 3DS『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』発表! 『サン・ムーン』の世界を舞台にしたもう一つの物語

  6. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  7. 『ポケモン サン・ムーン』「ミュウツー」のメガストーンが配布開始、あいことばで受け取ろう

  8. 【3DS DL販売ランキング】『アライアンス・アライブ』初登場ランクイン、『ドラクエXI』あらかじめDL登場(6/22)

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. イマジニア、ニンテンドースイッチへの参入を発表─第1弾タイトルの開発に着手

アクセスランキングをもっと見る