人生にゲームをプラスするメディア

カプコンが第1四半期業績を発表

ゲームビジネス その他

カプコンは2005年第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は119億2100万円、営業利益は7億1800万円、経常利益は9億2200万円、純利益は5億0900万円で何れも好調な数字が出ました。

家庭用ゲーム機では『GTA: Vice City』がヒットした他、GBA『ロックマンゼロ3』も好調でした。海外では『鬼武者3』や廉価版タイトルなどが好調でした。業務用としてはメダルゲームの「スーパーマリオ不思議のジャンジャンランド」が好評を博したそうです。

今期の業績予想、売上高655億円、経常利益68億円、純利益39億円は変更しないとのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  3. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  4. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  5. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  6. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

  7. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  8. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  9. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  10. Unityで広がる個人制作者の世界・・・人気アプリ開発者二名によるトーク

アクセスランキングをもっと見る