人生にゲームをプラスするメディア

カプコンが第1四半期業績を発表

カプコンは2005年第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は119億2100万円、営業利益は7億1800万円、経常利益は9億2200万円、純利益は5億0900万円で何れも好調な数字が出ました。

ゲームビジネス その他
カプコンは2005年第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は119億2100万円、営業利益は7億1800万円、経常利益は9億2200万円、純利益は5億0900万円で何れも好調な数字が出ました。

家庭用ゲーム機では『GTA: Vice City』がヒットした他、GBA『ロックマンゼロ3』も好調でした。海外では『鬼武者3』や廉価版タイトルなどが好調でした。業務用としてはメダルゲームの「スーパーマリオ不思議のジャンジャンランド」が好評を博したそうです。

今期の業績予想、売上高655億円、経常利益68億円、純利益39億円は変更しないとのことです。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  2. 【CEDEC 2012】次世代キャラクターAIの構築に必要な理論と知識とは

    【CEDEC 2012】次世代キャラクターAIの構築に必要な理論と知識とは

  3. 伝説の編集者、堀江信彦氏が語る「我が編集に『一編』の悔いなし」イベント開催

    伝説の編集者、堀江信彦氏が語る「我が編集に『一編』の悔いなし」イベント開催

  4. 元MS幹部ドン・マトリック氏がZynga代表を辞任―創設者からは労いのコメントも

  5. 【昨日の人気記事チェック】「DSGAMEJP」でDSゲームを違法配信、男性を再逮捕(12月6日)

  6. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  7. 神奈川県が『GTA3』を有害図書に指定、カプコンは法的措置も

  8. VRブームは冷め気味なのか?あまりにも強烈な盛り上がりを“過剰”と見るユーザーも

  9. 【CEDEC 2012】ストリートファイター×アジャイルで直接対決×鉄拳

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る