人生にゲームをプラスするメディア

『ドンキーコング ジャングルビート』インタビュー

任天堂東京開発のデビュー作品となる『ドンキーコング ジャングルビート』ですが、開発を手掛ける小泉・清水の両氏へのインタビューがファミ通に掲載されていたそうで、概要がIGNにありますので紹介します。この時期にインタビューという事は意外に早い時期での発売となるのかもしれません。

任天堂 GC
任天堂東京開発のデビュー作品となる『ドンキーコング ジャングルビート』ですが、開発を手掛ける小泉・清水の両氏へのインタビューがファミ通に掲載されていたそうで、概要がIGNにありますので紹介します。この時期にインタビューという事は意外に早い時期での発売となるのかもしれません。

ゲームの開発のきっかけは宮本氏で清水氏は「私達がまだ京都本社にいたときに宮本氏がドンキーコングを作ってみてはどうか、と提案しました。そして先の7月に東京に移動した後に開発が始まりました」と説明しています。

「タルコンガ」を使うことになったのも宮本氏の希望で、ミーティングを経て決定されたそうです。「サンプルのタルコンガを見た後、小泉がゲームにつかえそうだと言った」と清水氏は言います。

次に小泉氏は、自身がずっとカメラシステムに取り組んできた事を話します。「私は沢山の人からカメラ操作は難しいという話を聞いてきました。これが今回シンプルで誰にでも理解できるゲームを作ろうと考えた最初のきっかけです。これまで作ったゲームは全て標準コントローラーを使ったもので、今回は何か違う物を使いたいとも思ってました。タルコンガを紹介されたのはその後でした」。

小泉氏とそのチームはタルコンガを使ってアクションゲームを作るのにとても苦労したそうです。「通常のコントローラーと同じようにタルコンガで操作する事はできません。したがって新しい方法を考えなくてはなりません」。

更にインタビューで2人はE3で得られた非常に嬉しかった反応について話しました。「一番は遊んだ全ての人が笑顔だったこと」。また、例えば、女の子が上手く操作できなくて、アシスタントの人に手伝ってもらう、というようなコミュニケーションが見られたこと、と話しています。

清水氏は最後に「もちろん、もっと沢山のことを用意してます。期待してください」と述べています、E3で見れたものより更に面白いゲームになっている事を期待したいですね。『ドンキーコンガ2』が発売される頃には店頭で体験できるという話も以前ありましたので、楽しみにしたいです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  6. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  7. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  8. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  9. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る