人生にゲームをプラスするメディア

『ドンキーコング ジャングルビート』インタビュー

任天堂 GC

任天堂東京開発のデビュー作品となる『ドンキーコング ジャングルビート』ですが、開発を手掛ける小泉・清水の両氏へのインタビューがファミ通に掲載されていたそうで、概要がIGNにありますので紹介します。この時期にインタビューという事は意外に早い時期での発売となるのかもしれません。

ゲームの開発のきっかけは宮本氏で清水氏は「私達がまだ京都本社にいたときに宮本氏がドンキーコングを作ってみてはどうか、と提案しました。そして先の7月に東京に移動した後に開発が始まりました」と説明しています。

「タルコンガ」を使うことになったのも宮本氏の希望で、ミーティングを経て決定されたそうです。「サンプルのタルコンガを見た後、小泉がゲームにつかえそうだと言った」と清水氏は言います。

次に小泉氏は、自身がずっとカメラシステムに取り組んできた事を話します。「私は沢山の人からカメラ操作は難しいという話を聞いてきました。これが今回シンプルで誰にでも理解できるゲームを作ろうと考えた最初のきっかけです。これまで作ったゲームは全て標準コントローラーを使ったもので、今回は何か違う物を使いたいとも思ってました。タルコンガを紹介されたのはその後でした」。

小泉氏とそのチームはタルコンガを使ってアクションゲームを作るのにとても苦労したそうです。「通常のコントローラーと同じようにタルコンガで操作する事はできません。したがって新しい方法を考えなくてはなりません」。

更にインタビューで2人はE3で得られた非常に嬉しかった反応について話しました。「一番は遊んだ全ての人が笑顔だったこと」。また、例えば、女の子が上手く操作できなくて、アシスタントの人に手伝ってもらう、というようなコミュニケーションが見られたこと、と話しています。

清水氏は最後に「もちろん、もっと沢山のことを用意してます。期待してください」と述べています、E3で見れたものより更に面白いゲームになっている事を期待したいですね。『ドンキーコンガ2』が発売される頃には店頭で体験できるという話も以前ありましたので、楽しみにしたいです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  3. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  4. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  5. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  6. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  7. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  8. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

アクセスランキングをもっと見る