人生にゲームをプラスするメディア

週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2004年5月17日-23日

ゲームビジネス その他

いよいよ発売された『ファミコンミニ』シリーズ第2弾の5本が10位内にランクインしています。最も売れたのは『がんばれゴエモン! からくり道中』でしたが、第2弾には超人気作が含まれておらず、どのタイトルも同じように売れているようです。『ファミコンミニ』第2弾10タイトル合計の売り上げは約16.8万本だということです。

※累計は2004年5月10日-5月16日付ランキングなど過去のデータを元に独自集計したものです。

ソフト

順位 前回 機種 タイトル 発売元 発売日 週間販売本数 ※累計販売本数
1 PS2 グランド・セフト・オート・バイスシティ カプコン 2004/5/20 245,597 245,597
2 GBA ファミコンミニ がんばれゴエモン! からくり道中 任天堂 2004/5/21 29,528 29,528
3 3 GC ピクミン2 任天堂 2004/4/29 26,762 26,762
4 PS2 ウルトラマン バンダイ 2004/5/20 25,775 25,775
5 1 PS2 パチスロ闘魂伝承 猪木祭 サクセス 2004/5/13 22,173 103,173
6 GBA ファミコンミニ ツインビー 任天堂 2004/5/21 21,283 21,283
7 - GBA クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランドの大冒険! バンプレスト 2004/4/16 19,098 -
8 GBA ファミコンミニ ドクターマリオ 任天堂 2004/5/21 18,335 18,335
9 GBA ファミコンミニ 高橋名人の冒険島 任天堂 2004/5/21 17,580 17,580
10 GBA ファミコンミニ レッキングクルー 任天堂 2004/5/21 17,138 17,138


11 ファミコンミニ 魔界村
15 ファミコンミニ バルーンファイト
17 ファミコンミニ マリオブラザーズ
19 ファミコンミニ ディグダグ
23 ファミコンミニ クルクルランド


ハード

順位 機種 発売元 前回販売台数 週間販売台数 ※累計販売台数
1 プレイステーション2 SCE 31,300 30,081 1,249,881
2 ゲームボーイアドバンスSP 任天堂 20,400 29,091 1,250,591
3 ゲームキューブ 任天堂 4,700 4,959 367,659
4 ゲームボーイアドバンス 任天堂 2,900 2,647 143,447
5 Xbox マイクロソフト 240 238 19,138
6 プレイステーション SCE 370 218 10,518
7 スワンクリスタル バンダイ 89 70 5,470


メディアクリエイト調べ
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  2. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  3. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. 任天堂が健康分野に進出 違和感のない必然の戦略

  6. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  7. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  8. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  9. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  10. 東アジアにおけるスマートフォンゲーム市場動向調査の結果発表、市場構成比は日本が約6割

アクセスランキングをもっと見る