人生にゲームをプラスするメディア

英国で「任天堂」がブランド調査でトップ10入り

ゲームビジネス その他

英国のでマーケティングエージェンシー・ユーロRSCGは英国のブランドランキングを発表しました。10位以内には「任天堂」や「プレイステーション」や「セガ」などがランクインしたそうです。調査は2000人からの聞き取りで行われ、どのブランドが評価を高めたか、または下げたかを総合的に評価しました。

今最も評価を上げているのは「イーベイ」・「アマゾン」・「グーグル」といったオンライン関係のブランドだそうです。「アマゾン」はランキングでも4位にランクインしました。逆に評価を下げているのは「英国郵政」や「英国航空」だったそうです。

ゲーム関係では「プレイステーション」が6位にランクイン。順位は不明ですが「任天堂」と「セガ」も10位にランクインしました。この他「BT」・「アメリカン航空」・「Avon Products」などがランクインしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

    『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

  2. CEROがレーティング制度を拡充―ゲーム内容をアイコンで表示へ

    CEROがレーティング制度を拡充―ゲーム内容をアイコンで表示へ

  3. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

    セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  4. 『クラッシュ・バンディクー』や『ラスアス』のノーティードッグ、公式グッズサイトをオープン

  5. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

  6. 神奈川県が『GTA3』を有害図書に指定、カプコンは法的措置も

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  9. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  10. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る