人生にゲームをプラスするメディア

任天堂製品偽造の台湾企業に有罪判決

台湾の板橋地方裁判所は台湾企業・Yudian Companyに対してゲームボーイの海賊版カートリッジを作成したとして有罪判決を下しました。代表者には6年、6人の従業員が懲役3年の刑を言い渡されました。

ゲームビジネス その他
台湾の板橋地方裁判所は台湾企業・Yudian Companyに対してゲームボーイの海賊版カートリッジを作成したとして有罪判決を下しました。代表者には6年、6人の従業員が懲役3年の刑を言い渡されました。

法務省検察局台北事務所は2001年5月21日にYudianを捜索しており、これが今回の裁判につながりました。YudianはChen-chi KuoとHwei-chu Chenが所有する会社で数年間に渡って任天堂製品を偽造していたと疑われていました。その際に150万個の偽造品が押収されましたが、それらは世界中に輸出される予定のものでした。

「Chen-chi Kuo、Hwei-chu Chen、そのてその会社は何百万本もの任天堂製品を偽造し世界で販売しました。この判決は同様のケースを防止する事に繋がるでしょう。私たちはこの重大な事件を終結させた台湾の政府と司法の努力を賞賛します」と任天堂オブアメリカの海賊版対策のマネージャー・Jean Linは述べました。

世界中に広がる海賊版での米国企業の損失は30億ドル以上に登ると推測され、任天堂は2003年にライセンシーを含めて7億2000万ドルの損失がありました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【OGC2012】既存メディアとソーシャルメディアの切り分け、そして協調の可能性とは?「ニコニコ動画」に見るメディア変革時代

    【OGC2012】既存メディアとソーシャルメディアの切り分け、そして協調の可能性とは?「ニコニコ動画」に見るメディア変革時代

  3. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  4. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  5. 【Sales INSIDE】第3回 初動率ってなんだ

  6. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年12月19日-月25日

  9. カプコン、『ストリートファイター5』でキャラの強さを調整する課金システムの導入を否定

  10. 【DEVELOPER’S TALK】ゲームは和風、開発は洋風?ツール&ミドルウェアを駆使して実現した極上サムライゲー『侍道3』

アクセスランキングをもっと見る