人生にゲームをプラスするメディア

アイドスにEA、アクティビジョン、UBIが触手?

『ララクラフト』で有名なアイドス・インタラクティブは近年業績が芳しくありません。直ぐ先日にはきっかけはシンガポールの先物会社・フィリップGNIが先日アイドスの株式720万を取得して5%の株式を所有する株主になったと報じられました。

ゲームビジネス その他
『ララクラフト』で有名なアイドス・インタラクティブは近年業績が芳しくありません。直ぐ先日にはきっかけはシンガポールの先物会社・フィリップGNIが先日アイドスの株式720万を取得して5%の株式を所有する株主になったと報じられました。

ゲーム業界もこの英国の会社に触手を伸ばしています。エレクトロニック・アーツやアクティビジョンは3億2500万ポンド(約650億円)の株式公開買付けを行う可能性を検討しています。更にユービーアイソフトも興味を示しています。

突然アイドスへの出資が騒がれるようになったのは、アイドスが少し前に獲得したデンマークのデベロッパー・IO Interactiveの魅力です。IO Interactiveは300万本以上のセールスを記録した『ヒットマン2』の開発元です。

IO Interactiveの買収にも意欲を見せたエレクトロニック・アーツが本命候補だと言われています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

    自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

  3. 日本一ソフトウェアの子会社が、『大戦略』シリーズ等を手掛けるシステムソフト・アルファーのコンピューター/ゲームソフト事業承継を発表

    日本一ソフトウェアの子会社が、『大戦略』シリーズ等を手掛けるシステムソフト・アルファーのコンピューター/ゲームソフト事業承継を発表

  4. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  5. 『限界凸騎 モンスターモンピース』、シリコンスタジオのミドルウェア「YEBIS 2」採用、PS Vita初

  6. 東京ゲームショウ出展タイトルが明らかに

  7. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  8. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  9. 新感覚エンターテインメント、『マリオファクトリー』レポート

  10. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

アクセスランキングをもっと見る