人生にゲームをプラスするメディア

『ドンキーコング ジャングルビート』インプレッション

最近やけに活躍の機会が多くなったドンキーコングですが、タルコンガを使ったアクションゲームが登場します。任天堂東京開発の処女作ですが、非常に面白いゲームになっているようです。

任天堂 GC
最近やけに活躍の機会が多くなったドンキーコングですが、タルコンガを使ったアクションゲームが登場します。任天堂東京開発の処女作ですが、非常に面白いゲームになっているようです。




私たちはこのようなゲームを予期しませんでした。任天堂が火曜日に「タルコンガ」を使った『ドンキーコング ジャングルビート』を発表した際、それが上手い手であると思いました。私たちは日本から『ドンキーコング』を輸入して数ヶ月間遊んできました、それはドラムを使った単純なリズムアクションゲームです。しかし、この『ドンキーコング ジャングルビート』は全くそのようなゲームではない事を報告できて嬉しい、それは驚くべきゲームです。これが私たちがこのゲームをE3で最も良かったゲームのリストの一番上のうちの1つに挙げている理由です。

紙に書かれたゲームの概要を読むとあまり良いアイデアには思えません。内容は簡単です。トロピカルと古代の雰囲気のステージでドンキーコングを操作します。巨大な猿を操作して、バレルを飛び越え、壁を上へ登り、木から木へ飛び移り、バナナを集め、ビートルとの戦いに身構え、動物や乗り物に乗ります。問題はこれら全てをゲームキューブのコントローラーなしで行うという所です。「タルコンガ」を使用するのです。もちろんそんな事は不可能です。考慮すべき点が山のようにあります。しかし、それは可能でした。操作は全く悪い所がありません。

「タルコンガ」で全てを操作します。ドンキーを左右に走らせるにはコンガの右と左を叩きます。速く叩けば叩くほどその動物は速く走ります。両方のドラムを同時に叩けばドンキーは上にジャンプします。手を叩くか、コンガの両側を叩けば、その猿人類のキャラはパンチするでしょう。組み合わせもOKです。右に進んでいる解きに両方をバンと叩けばドンキーは右斜め上にジャンプします。慣れるのに少し時間が必要です、が、次にはあなたは上手く飛んでいるでしょう。

5分もあればあなたの猿を自由自在に操作できるようになるでしょう。新しい操作もでてきます。スピードを上げて壁に向かい、コンガを叩いて壁に飛び移り、右へ左へ手がかりを得て、タイミングより右と左を叩くことで、段々と高い場所に登ることが出来ます。この操作は完璧です、成功する満足感を与えられます。

ドンキーは類人猿です、彼は戦いを恐れません。彼の腕はパンチを繰り出し、敵を殴り、バリアを破ります。私たちがゲームを遊んでいる時、他の編集者は私たちの後ろに立って、ドンキーと同じタイミングでパンチを出してました。このダイナミックなプレイはマルチプレイヤーモードがあれば非常に良いでしょう。

ドンキーはボスとの戦いに挑みます。ここでまた「タルコンガ」の違う使い方が登場します。E3 2004で示された4つのステージのうち1つは猿のボスでした。左右のドラムで敵へパンチを繰り出し、その組み合わせによってユニークな攻撃があります。タイミングが非常に重要です。出来るだけ速く叩き続ける事で沢山のパンチを出せます、しかしこれだけではボスは倒せないでしょう。正確に2、3のカウンターを出せば敵はひるむでしょう。ここで左右の突きのコンボを敵に繰り出す事が出来ます。または防御的に敵の突きをひらりとかわし、強烈な一撃を食らわせる事も出来ます。この体験は驚くほど深く爽快な程に新鮮です。

「コンボ」はゲームの名前です。ステージの幾つかの場面でコンボを出せます。ジャンプして幾つかのバナナを掴み、壁を蹴り段々に登り、木の枝を掴んで飛ぶ、敵を複数倒す。様々な場面でコンボが生まれます。どれもプレイヤーに満足感を与えるコンボです。

これを読んだならば、あなたは『ドンキーコンガ』と『ドンキーコング ジャングルビート』が全く違う2つのゲームだと気付くと思います。ですから、少なくともゲームプレイに関しては2つの世界があるという事を頭に留めておいてください。1つだけ確かなのはDKJBを遊んだ誰もがゲームを止めたくないと思っただろう事です。私たちは何度もゲームを遊びました。また、記者ルームではこのような声が何度も聞かれました。「ヘイ、誰かDKJBをチェックしたかい?あれは凄いゲームだ!」

私たちは米国に「タルコンガ」が到着するのを待つことが出来ません。しかし『ドンキーコング ジャングルビート』への待ち時間は永遠のようです。任天堂によればそれは2005年の初頭まで待たなくてはならないそうです。

ゲームプレイ画面動画
junglebeat_051204_02_qthigh.mov
junglebeat_051204_04_qthigh.mov
junglebeat_051204_06_qthigh.mov
junglebeat_051204_07_qthigh.mov
junglebeat_051204_08_qthigh.mov
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  2. スイッチ新作『オメガラビリンス ライフ』のゲーム詳細情報が公開―敵を倒すほど成長して「発胸」する!?

    スイッチ新作『オメガラビリンス ライフ』のゲーム詳細情報が公開―敵を倒すほど成長して「発胸」する!?

  3. 『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』最新情報公開―『ポケモンGO』で捕まえたポケモンを連れてこよう!

    『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』最新情報公開―『ポケモンGO』で捕まえたポケモンを連れてこよう!

  4. 『スマブラSP』『時のオカリナ』デザインとなった大魔王「ガノンドロフ」―今回は全てのスマッシュ攻撃で剣を使用!

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 3DS『牧場物語』シリーズをお得に購入できる「秋の収穫祭セール」が開催!ほのぼの牧場生活を始めてみませんか?

  7. 「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 『スプラトゥーン2』新ステージ「ムツゴ楼」10月初旬に追加─このパワースポットに訪れると“ナワバリバトル”に勝てる!?

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

アクセスランキングをもっと見る