人生にゲームをプラスするメディア

コナミがE3出展タイトルを発表―DS向け『フロッガー』も

任天堂 DS

コナミはE3出展タイトルを発表しました。既にお伝えした通りコナミは『フロッガー』をニンテンドー・ディーエス向けに開発中ですが、早速出展されるようです。クラシックアクションタイトルの最新作です。

「コナミは革新的なゲームを供給してきた30年間の財産と共にデジタルインタラクティブをリードしています。私たちは今年、私たちの歴史で最も注目されるラインナップを用意しました。ヒット・フランチャイズから家庭用ゲームまで、私たちは全ての年代、能力に合うゲームを提供します」とコナミデジタルエンターテインメントのKazumi Kitaue氏は述べました。

アクション
・Frogger(仮) (GC/PS2/NDS/PSP)
・Boktai 2: Solar Boy Django (GBA)
・Gradius V (PS2)
・King Arthur (GC/PS2/XB)
・Metal Gear Solid(R)3: Snake Eater (PS2)
・Nano Breaker (PS2)
・Neo Contra (PS2)
・Phantom Crash 2050 (PS2)
・Rave Master (GBA)
・Shaman King: Master of Spirits (GBA)
・Silent Hill 4: The Room (PS2/XB/PC)
・Teenage Mutant Ninja Turtles 2 (GC/PS2/XB/GBA/PC)

音楽
・Dance Dance Revolution EXTREME (PS2)
・Dance Dance Revolution ULTRAMIX 2 (XB)
・Karaoke Revolution Volume 2 (PS2)

スポーツ
・Enthusia Professional Racing (PS2)
・Rumble Roses (PS2)

ストラテジ
・Shaman King: Power of Spirit (PS2)
・Yu-Gi-Oh! Capsule Monster Coliseum (PS2)
・Yu-Gi-Oh! Destiny Board Traveler (GBA)
・Yu-Gi-Oh! Power of Chaos: Joey the Passion (PC)

ロールプレイング
・Suikoden IV (PS2)
・Ys: The Ark of Napishtim (PS2/PSP)
・Yu-Gi-Oh! Reshef of Destruction (GBA)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

    『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  6. 【特集】『星のカービィ』インパクト大なザコキャラ10選!名前もちゃんと覚えてる?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  10. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

アクセスランキングをもっと見る