人生にゲームをプラスするメディア

「次のゲームはPSPかニンテンドーDS」―元セガ水口氏

元セガ・ユナイテッド・ゲーム・アーティスツの水口哲也氏がGDC2004の期間中にGameSpotと行ったインタビューがサイトに掲載されています。水口氏はQエンターテイメントという新会社を設立していて、次のゲームはPSPかニンテンドー・ディーエスになるだろうと話しています。

任天堂 DS
元セガ・ユナイテッド・ゲーム・アーティスツの水口哲也氏がGDC2004の期間中にGameSpotと行ったインタビューがサイトに掲載されています。水口氏はQエンターテイメントという新会社を設立していて、次のゲームはPSPかニンテンドー・ディーエスになるだろうと話しています。

水口氏はインタビューの中で、「携帯ゲーム機に興味を持っていて、次のゲームはPSPかニンテンドー・ディーエスになると思う」と話し、更にそれはRez2かという問いに「そのつもりです。しかしRezはセガのものなので別の名前を使う事になるだろう」と答えています。

昨年9月末にUGAを去ってから6ヶ月になりますが、この間色々な人や会社と話したりする機会を持ったそうです。現在はQエンターテインメントという会社を持って、10〜12人のスタッフを抱えているそうです。これを20人くらいまで増やしたい考えも述べています。

水口氏は携帯電話にも興味を持っているようで、「現在はまだ物足りないが5年後は変わるだろう、ある意味でPSPやNDSはプロローグで、一旦携帯電話でゲームをする事に慣れれば手放せなくなるだろう。いつでも他の人と繋がる利点を生かしたゲームの可能性は大きい」と述べています。

また、「グローバルなレベルでゲーム産業はとても強い『インタラクティブ産業』になるでしょう。次世代機ではグラフィックは映画レベルになり、科学やAIはますます進歩し、それによってゲームの幅も広がるでしょう。双方向のテレビ、PC、ゲーム機、携帯電話によって誰もがインタラクティブ・エンターテイメントに巻き込まれ、そして多くの仕事ももたらすでしょう(笑)」と述べ、ゲーム産業の未来には非常に楽観的に見ているとしました。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

    『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  2. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

    『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  3. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  4. 『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

  5. やっぱモフモフは正義?「ペットにしてみたいポケモン」ピカチュウ抑えた1位は…【読者アンケート】

  6. 『モンハンライズ』Ver3.0における狩猟笛の装備事情―「百竜笛【如意自在】」を用いた安定構築や、バルファルク防具を活かした火力特化まで自由自在

  7. 『ポケモン』で最推しの「男性ジムリーダー」は? 3位キバナ、2位タケシ、1位は…【アンケ結果発表】

  8. 『モンハンライズ』で手っ取り早くHR100を目指す!「バルファルク」を狩りたくてウズウズしてるハンターに送るポイントの稼ぎ方

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』ウツシ教官になりきって本人と狩りしたら、“Wウツシ”で自己肯定感が爆上がり!

  10. 『あつまれ どうぶつの森』序盤の小ネタ14選! スローライフのなかにもたくさんの隠し要素あり

アクセスランキングをもっと見る