人生にゲームをプラスするメディア

米ゲーム業界は5年以内に音楽業界の規模を超える?

ゲームビジネス その他

DFC Intelligenceは拡大するゲーム業界が今後5年以内に音楽業界の規模を超えるだろうとする2つのレポートを提出しました。更に報告書は業界の規模が拡大すると同時に開発費や販売費用が増加する傾向にある事を警告してます。

「The Business of Computer and Video Games 2004」の中で「ゲーム業界の売上は5年以内に音楽業界のそれを超すでしょう。多くの大人達がゲームを嗜好するようになり、世界でゲームが基本的名エンターテイメントとなりつつあります。更にオンラインでのゲーム提供といった事も現実味を帯びてきました」とDFC社長のDavid Cole氏は報告書の中で述べています。

「ゲーム業界の規模は映画業界には遠く及びません。しかしゲームの生み出す利益は大作映画のそれに匹敵します。一方、期待されるハードルの上昇、才能ある開発者の獲得、より大きなマーケティングキャンペーンが必要になる、オンラインへの対応、期待される利益の増加などはゲーム開発に必要なコストを拡大しています」

もう一方のレポート「The Impact of Licensing in Interactive Entertainment」では、他の業界からのライセンスを受けたゲームについて報告がなされています。「多くの会社は素晴らしいゲームプレイを持ったゲームよりも、安易なライセンス商品の方が効率が良いと思い始めている」と必ずしも良い話ばかりではない面を見せています。

DFCによれば現在、米国の43%の家庭にゲーム機が普及しているそうです。ただし近年のゲーム業界の拡大は新たにゲーム機を購入する家庭が増えたのではなく、既にゲーム機を持っていた家庭がより多くのゲームを楽しむようになった結果だとしています。

またDFCは今後ゲーム業界の各社がまだ成熟してない国々への進出を強めるだろうと予測しています。報告書では成熟してない市場として韓国、台湾、シンガポール、本土アジア、オーストラリア、東ヨーロッパを挙げています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  4. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  5. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  6. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  9. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  10. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

アクセスランキングをもっと見る