人生にゲームをプラスするメディア

『キラー7』インタビュー

IGNに掲載されている『キラー7』のインタビューです。先月開催されたカプコンゲームサミットの際に収録されたもので、応えているのは開発四部の小林氏です。

任天堂 GC
IGNに掲載されている『キラー7』のインタビューです。先月開催されたカプコンゲームサミットの際に収録されたもので、応えているのは開発四部の小林氏です。




―――まだ『キラー7』がどんなゲームかどうかはっきりと頭に描くことができません。コンセプトについて聞かせてください

(笑)『キラー7』のディレクターは須田氏なので、それは須田氏のアイデアでありコンセプトです。私も三上も彼が何をしようとしているのか分かりません(笑)。彼の頭は透視できません。それでゲームプレイも不便で複雑なものになります。しかし須田氏はそういう人なので私も三上も「オーケー、やりましょう。でもそいつをまとめるのは凄く大変だよ」と言うしかありません。

―――操作はサードパーソン?

アドベンチャーパートは大体サードパーソン(客観視点)です。逆にシューティングモードはファーストパーソン(主観視点)です。移動したり行動を取る際はサードパーソンです。

―――映像を見た所、正確にキャラを移動させることはできないように見えました。もっと言えば移動は方向を選択して自動的に行われるように見えました。操作はどういう風になりますか

操作の詳細については言えません。しかし、ちゃんと思っている場所に行くことはできません(but you cannot really go to where you want to go)。

―――『キラー7』や『バイオハザード4』を開発しているとオフィスを破壊する衝動に駆られる同僚は居ませんか

私達はそんなに暴力的な人ではないので(笑)。ビートルズが好きだったり、武道が好きだったり、みんな色々な趣味を持ってます。しかし、みんな仕事に集中しますし、ちゃんと現実世界に居る事を分かっています。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

    『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  2. 桜井政博氏が“試しに作った”ゲームに「さすがプロ」「天才」の声、続出!射撃と加速が同一になったSTGを『はじめてゲームプログラミング』で制作

    桜井政博氏が“試しに作った”ゲームに「さすがプロ」「天才」の声、続出!射撃と加速が同一になったSTGを『はじめてゲームプログラミング』で制作

  3. 『モンハンライズ』Ver3.1を6月24日に配信!8月までのロードマップ詳細が明らかに【E3 2021】

    『モンハンライズ』Ver3.1を6月24日に配信!8月までのロードマップ詳細が明らかに【E3 2021】

  4. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  5. 『モンハンライズ』火力最強「一虎刀【餓刃】」は根強い人気!Ver2.0武器なのに現役、その秘密は特殊な生産ルートにあり

  6. 『モンハンライズ』ムービーシーンをぶち壊す“インパクト抜群な頭装備”たちに注目!その顔でシリアスパートは無理でしょ

  7. 『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』がアニメに!?HDリマスター版のオープニングムービーが公開【E3 2021】

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0の新武器「ファントムミラージュ」が強い!安定感ではライバル「一虎刀【餓刃】」も超える

  9. 『モンハンライズ』Ver3.0における狩猟笛の装備事情―「百竜笛【如意自在】」を用いた安定構築や、バルファルク防具を活かした火力特化まで自由自在

  10. なぜ虹色!?『あつまれ どうぶつの森』で採れる「ニジイロクワガタ」ってどんな虫?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る