人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンが証券取引法違反の疑い、全面的に争う姿勢

法律事務所Milberg Weissはネバタ州の建築業・大工の年金信託の代理人としてアクティビジョンを連邦証券取引法違反で提訴したと発表しました。申し立てによれば、アクティビジョンは杜撰な計算による業績予想のレポートにおいて業績を3倍にも水増しした、とのこと。

ゲームビジネス その他
法律事務所Milberg Weissはネバタ州の建築業・大工の年金信託の代理人としてアクティビジョンを連邦証券取引法違反で提訴したと発表しました。申し立てによれば、アクティビジョンは杜撰な計算による業績予想のレポートにおいて業績を3倍にも水増しした、とのこと。

集団訴訟は 2001年2月1日と2002年12月17日の期間中にアクティビジョンの株式を購入した全ての人を代表してカリフォルニアの地方裁判所で始められました。Milberg Weissでは更に共同原告人になる期間中に株式を購入した人を探しています。

アクティビジョンはそのような事実は無いとして、全面的に争うというステートメントを発表しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

    今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【CEDEC 2010】コーエーが明かすネオロマンスシリーズのキャラクター作り

  7. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  8. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. 欧州委員会、アイテム課金モデルに「無料」との表記を禁じる方向で議論

アクセスランキングをもっと見る