人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ロボコップ〜新たなる危機〜(GC)

映画「ロボコップ」を題材にしたFPSです。大きな特徴は敵であっても降伏すれば警察官として保護しなくてはならないという事でしょうか。ミッションの中の指令にも「〜人の犯罪者を確保せよ」といったものがあるので、それを強く意識することになります。保護するには急所に当たらないように射撃するのですが、降伏するのと立ち上がって抵抗する場合との区別が少し付きにくい、これは少し良くない点だろうと思います。しかし後述しますが、敵と味方は遠くからでも判別し易いのは良い所だと思います。

任天堂 その他
映画「ロボコップ」を題材にしたFPSです。大きな特徴は敵であっても降伏すれば警察官として保護しなくてはならないという事でしょうか。ミッションの中の指令にも「〜人の犯罪者を確保せよ」といったものがあるので、それを強く意識することになります。保護するには急所に当たらないように射撃するのですが、降伏するのと立ち上がって抵抗する場合との区別が少し付きにくい、これは少し良くない点だろうと思います。しかし後述しますが、敵と味方は遠くからでも判別し易いのは良い所だと思います。

操作は少々独特です。コントローラースティックで移動をします。このとき銃の照準の左右も同時に動きます。照準の上下はCスティックによって行います。Cスティックを左右に動かすと真横への動きになります。この組み合わせは最初と惑うでしょうが、慣れてみると快適です。FPSで、3D酔いのある人は大変だろうというのは有るのですが、操作という点に於いては悪くありません。

ロボコップは様々な銃を使いますが、操作は共通です。前述のように照準を動かしてRトリガーで攻撃します。ロボットだけあって、照準に敵やアイテムが近づくと分かるように囲いが表示されます。これは敵の場合は赤で、味方や降伏した敵は青、アイテムは緑で表示されます。これで遠くの敵やアイテムも判別かせ容易です。敵を上手く撃つにはロックオンが確実です。Xボタンでロックオンしますが、この判定は少々シビアかもしれません。それとロックオンしてもなかなか命中しないのはどうかと思います。

ミッションでは幾つかの指令が下されてそれを全部クリアするとミッションクリアとなります。随時画面上に指示がでますが、少し不親切な感じがしました。結構広い空間を進みますので、もう少しヒントが出ればなと思いました。難易度はEASY/NORMAL/HARDの3つが選択できて、簡単なものを選択すれば敵にやられる事は減りますが、そもそも何をすれば良いのかという問題にぶち当たる事が少なくないように感じました。

ゲームとは直接関係のない点での不親切も感じます。例えばムービーとかは全て英語で字幕で日本語が出ますが、フォントが小さくて読み辛く感じます。メニュー画面の多くが英語のままというのもマイナスポイントです。これらの細かい点を解決できればもう少し良い評価が出来るだろうので残念です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 本日1月21日で『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ生誕20周年!桜井政博氏より感謝のコメントも公開

    本日1月21日で『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ生誕20周年!桜井政博氏より感謝のコメントも公開

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

  6. VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る