人生にゲームをプラスするメディア

NOAのカスタマーセンターもクリスマスの準備万端

ゲームビジネス その他

クリスマスが忙しいのは任天堂オブアメリカのカスタマーセンターも同じ。通常時に週に3万本の電話と9000通のEメール、そして500通の手紙を受け取るカスタマーセンターはこの所のゲームキューブの売上増加もあって更に忙しくなっています。更にクリスマスから年始に掛けては毎年6万以上の質問への対応に追われます。

「私たちの会社のエキスパート部隊はゲームとハードの全ての事を熟知しています。ゲームカウンセラーは3300以上の蓄積のあるゲームデータベースにアクセスします」とマーケティング&コーポレートコミュニケーション担当上級副社長のジョージ・ハリスン氏は話します。

カスタマーセンターは英語だけでなくスペイン語、フランス語でも対応しています。電話番号は(800)255-3700で、午前6時から午後7時まで受け付けます。また、26日には午前4時から午後11時までに延長されます。ゲームカウンセラーに電話したい場合は(800)521-0900。また、任天堂ではNintendo.comも見るように呼びかけています。

ちなみに任天堂オブアメリカが1985年にこのシステムを始めてから190万人がこのサービスを利用したと推定しているそうです。ゲームカウンセラーを始めとするカスタマーセンターは100人のスタッフが居るそうですが、クリスマスの時期は150人に増強して当たっているそうです。

国際電話でNOAに電話したい方は1-010を先頭につけましょう(固定電話の場合)。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

    【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 「Oculus Rift」は599ドルに…「HTC Vive」「PSVR」などのVR機器のお値段やいかに

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る