人生にゲームをプラスするメディア

任天堂9月中間期決算で29億円の赤字―赤字は上場後初

任天堂は13日、9月中間期の決算を発表しました。それによれば、売上高は前年同期比1.6$増の2114億円、営業利益は同3%増の288億円、経常損益は為替差損が400億円などでた影響で59億円の赤字、純損益は29億円の赤字となりました。

任天堂 GC
任天堂は13日、9月中間期の決算を発表しました。それによれば、売上高は前年同期比1.6$増の2114億円、営業利益は同3%増の288億円、経常損益は為替差損が400億円などでた影響で59億円の赤字、純損益は29億円の赤字となりました。

通期の業績予想は10月に下方修正した見通しを据え置いて、連結純利益は前期比11%減の600億円、売上高は同9.1%増の5500億円の見込み。

任天堂が赤字を計上したのは、通期決算も含めて1961年1月に上場して以来初めて。

任天堂グループについては特に大きな変更点はありません。これまでiQue(Suzhou) Ltd.と表記されていたのが神游科技有限公司と中国語表記になったくらいです。前連結会計年度に設立して今期から営業開始しているそうです。これは前別にiQue Ltd.という会社もあります。こちらは中国以外にあるのでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!【UPDATE】

    PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!【UPDATE】

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

    『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

  4. 『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『ポケモン ピカ・ブイ』の魅力は声優陣も狙い打ち! 当時を思い出す梶裕貴、スイッチデビューの丸山有香─悠木碧は「そう、イーブイはいる…」と熱弁

  10. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る