人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカ、フィル・ロジャース氏らが退社

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは2名の創業期からの役員の退社を発表しました。

フィル・ロジャース氏は任天堂オブアメリカが『ドンキーコング』を大ヒットさせた直後の1982年6月に正式に入社しシアトルの現在の本社の土地買収に当たり、その後はオペレーション部門を担当し、最後はオペレーション担当上級副社長でした。今後は趣味の旅行を楽しみたいとのこと。

フィル・ボルコフスキ氏は1987年10月に25年間の業界での経験を持ち任天堂に入社し、任天堂独自の在庫管理システムの開発を指揮すると共に、米国にライセンシータイトルを引き込むという役割を果たしました。今後は古いコルペットを乗り回しながら、4人の子供と2人のまま子と6人の孫の政調を見守りたいとしています。

ドン・ジェームス氏はフィル・ロジャース氏に代わりオペレーション担当(デザインサービス、エンジニアリング、製品製造、資材調達、製品出荷など)上級副社長の役につきます。同氏は任天堂オブアメリカが設立されてから、荒川氏がスカウトした最初の数人のうちの1人で、1981年8月に倉庫マネージャーとして雇われました。過去22年間、開発指揮から各種デザイン、展示会指揮などあらゆる職につき才能を発揮してきました。

ロブ・トムプソン氏はフィル・ボルコフスキ氏に代わりコンシューマーサービス担当上級副社長に昇進します。同氏は1981年に任天堂に入社し顧客サービスを担当してきました。1986年からは600名を超えた巨大なコンシューマーサービス部隊を指揮してきました。

任天堂オブアメリカの君島達巳社長は「ロジャースとボルコフスキは任天堂の企業文化を作り、世界一流のゲーム会社になる為に多大な貢献をしました。私達は彼らの新しい人生の成功を心から願い、当然とも言うべき昇進をした役員を祝います」とコメントしています。

設立から20年もするとさすがに初期メンバーは減っていきますね。あとは誰が居るんだろ・・・。一覧見たいです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  3. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

  6. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  7. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  8. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

アクセスランキングをもっと見る