人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカ、フィル・ロジャース氏らが退社

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは2名の創業期からの役員の退社を発表しました。

フィル・ロジャース氏は任天堂オブアメリカが『ドンキーコング』を大ヒットさせた直後の1982年6月に正式に入社しシアトルの現在の本社の土地買収に当たり、その後はオペレーション部門を担当し、最後はオペレーション担当上級副社長でした。今後は趣味の旅行を楽しみたいとのこと。

フィル・ボルコフスキ氏は1987年10月に25年間の業界での経験を持ち任天堂に入社し、任天堂独自の在庫管理システムの開発を指揮すると共に、米国にライセンシータイトルを引き込むという役割を果たしました。今後は古いコルペットを乗り回しながら、4人の子供と2人のまま子と6人の孫の政調を見守りたいとしています。

ドン・ジェームス氏はフィル・ロジャース氏に代わりオペレーション担当(デザインサービス、エンジニアリング、製品製造、資材調達、製品出荷など)上級副社長の役につきます。同氏は任天堂オブアメリカが設立されてから、荒川氏がスカウトした最初の数人のうちの1人で、1981年8月に倉庫マネージャーとして雇われました。過去22年間、開発指揮から各種デザイン、展示会指揮などあらゆる職につき才能を発揮してきました。

ロブ・トムプソン氏はフィル・ボルコフスキ氏に代わりコンシューマーサービス担当上級副社長に昇進します。同氏は1981年に任天堂に入社し顧客サービスを担当してきました。1986年からは600名を超えた巨大なコンシューマーサービス部隊を指揮してきました。

任天堂オブアメリカの君島達巳社長は「ロジャースとボルコフスキは任天堂の企業文化を作り、世界一流のゲーム会社になる為に多大な貢献をしました。私達は彼らの新しい人生の成功を心から願い、当然とも言うべき昇進をした役員を祝います」とコメントしています。

設立から20年もするとさすがに初期メンバーは減っていきますね。あとは誰が居るんだろ・・・。一覧見たいです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

    ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

  2. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  3. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  4. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  5. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  6. 「ゲームソフトは不況に強く、最もコストの低いエンターテイメント」−米国投資銀行の分析

  7. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  8. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  9. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  10. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

アクセスランキングをもっと見る