人生にゲームをプラスするメディア

『カイジュウの島』はエインシャントが開発

任天堂 GC

カイジュウを書いて生み出したカイジュウで様々なゲームが楽しめたりするセガの『カイジュウの島 〜アメージングアイランド〜』はエインシャントが開発している事が分りました。

エインシャントの公式サイトには製作快調としか書かれていません。最近では『カルドセプト・セカンドエキスパンション(PS)』のCG、『爆転シュート ベイブレード2002(GBA)』のサウンドなどを担当した会社で、ゲーム自体の製作も行っているようです。

ゲームでプレイヤーは11歳の少年(少女)として深い闇に閉ざされた暗黒の時代を切り開くために清い心でカイジュウエディッタを使ってカイジュウを生成し、ブラックイービルの支配から島を開放しなくてはなりません。

ちなみにゲームに搭載されているカイジュウエディッタは東京大学の五十嵐健夫講師が発明し、同大学の技術移転機関である「株式会社 先端科学技術インキュベーションセンター」によって運用されている「Teddy(テディ)」という新技術をベースにしたものだそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る