人生にゲームをプラスするメディア

『カイジュウの島』はエインシャントが開発

カイジュウを書いて生み出したカイジュウで様々なゲームが楽しめたりするセガの『カイジュウの島 〜アメージングアイランド〜』はエインシャントが開発している事が分りました。

任天堂 GC
カイジュウを書いて生み出したカイジュウで様々なゲームが楽しめたりするセガの『カイジュウの島 〜アメージングアイランド〜』はエインシャントが開発している事が分りました。

エインシャントの公式サイトには製作快調としか書かれていません。最近では『カルドセプト・セカンドエキスパンション(PS)』のCG、『爆転シュート ベイブレード2002(GBA)』のサウンドなどを担当した会社で、ゲーム自体の製作も行っているようです。

ゲームでプレイヤーは11歳の少年(少女)として深い闇に閉ざされた暗黒の時代を切り開くために清い心でカイジュウエディッタを使ってカイジュウを生成し、ブラックイービルの支配から島を開放しなくてはなりません。

ちなみにゲームに搭載されているカイジュウエディッタは東京大学の五十嵐健夫講師が発明し、同大学の技術移転機関である「株式会社 先端科学技術インキュベーションセンター」によって運用されている「Teddy(テディ)」という新技術をベースにしたものだそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

    現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  7. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る