人生にゲームをプラスするメディア

DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が

任天堂 GC

DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が
  • DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が
  • DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が
  • DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が
  • DEAブースにGCゲーム『ペイントサークル』が
任天堂など大手ゲームメーカーが多数出資しているゲーム専門学校、デジタル・エンタテインメント・アカデミーのブースにて何とゲームキューブタイトル『ペイントサークル』が出展されていました。

こういう機会にゲームキューブ向けタイトルが出るというのは珍しい事ではないでしょうか。更に掲示によればHAL研究所のGC向け開発機材の「sysdolphin」などを使わずに製作されているそうです。

この他プレステーション2や携帯電話向けのゲームなど、派手なブースイベントは行われていませんでしたが、実力派のゲームが並んでいました。ちなみにアンケートに答えると抽選で景品が貰えました。

『ペイントサークル』はモンスター達で赤・青・黄色の絵の具を使って敵と同じ色で囲って倒していくというアクションゲーム。カメラなどあと一歩という点もありましたが、基本的なアクションとしてきちんと出来ていました。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る