人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がゲームプロデューサーなどを募集中

ゲームビジネス その他

任天堂が公式サイトにてゲームプロデューサーなどの中途採用の募集を掲示しています。全て経験者となっています。

・ゲームプロデューサー
・ゲーム制作管理者
・ゲームクリエイター
・プログラム開発エンジニア
・サウンドプログラマー

募集されているのは上記の5職種で期間は随時、募集人数は若干名となります。上の2つはセカンドパーティとのやり取りを担当する事になるようです。勤務地は本社の京都。応募は任天堂サイトからオンラインエントリーが可能です。

「挑戦的なものをプロデュースしたいという意欲のある方」・「対人折衝に自信のある方」は是非是非。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【GTMF2013】キスメットから進化したブループリントがゲームデザイナーに福音をもたらす~アンリアル・エンジン4の注目点とは

  8. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  9. サイバーコネクトツー松山洋社長が明かす、デベロッパーが20年勝ち続けるための方程式

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る