人生にゲームをプラスするメディア

GBASPの充電ができる周辺機器「チャージボーイSP」発売へ

任天堂 GBA

インプレス ゲームウォッチによると、単4アルカリ電池3本を使用してゲームボーイアドバンスSPのバッテリーを充電することのできる周辺機器「チャージボーイSP」が10月下旬から11月中旬頃にキーズファクトリーから発売されるそうです。予定価格は2,625円(税込)、本体カラーはホワイトのみ。

サイズはGBASP本体とほぼ同サイズ(70mm×74mm×18mm)となっており、背面の取り付けフックで本体に固定することができるそうです。単4アルカリ電池3本をセットし、GBASPの外部拡張コネクタ2(EXT.2)と接続することによって充電されます。

充電にかかる時間は完全放電状態から充電完了まで約50分(本体付属のACアダプタだと約2時間半)。稼働時間は本体電源ON、バックライトONの状態で約5時間(グリーンランプ点灯・約4時間、レッドランプ点灯・約1時間)だそうです。電池の交換時期は充電ランプの点滅で表示。未使用時、コードは充電器側面のクリップに巻き付けて収納できるそうな。

よくわかんないんですけど本体の電池を充電する役割もできるし、乾電池で直接動かすことも可能、なんでしょうか?ただ充電するのと動かすのとで同じ電力量使うにも関わらず5時間しか動かないとなると充電時にも中途半端にしか充電されないような気もするんですが。

この製品の開発にあたっては、ユーザーからのリサーチ結果にあった「電池の残量不足警告が出てから充電する(こまめに充電しない)」、「外出先に携帯することが多い」などの傾向や「乾電池でプレイしたい」というニーズをもとにしているそうです。
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

    『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  2. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  3. 『ポケモン サン・ムーン』オリジナルデザインの2DSが12月に登場!本体は爽やかなライトブルー

    『ポケモン サン・ムーン』オリジナルデザインの2DSが12月に登場!本体は爽やかなライトブルー

  4. 2DSの通常販売が決定! 9月15日にリリース、カラーは5色を用意

  5. 「ニンテンドー2DS」New3DSからの引越しは非対応、対応周辺機器などに関する「Q&A」が公開

  6. 【特集】ニンテンドースイッチでゲームキャプチャをやってみた

  7. 新ハード「ニンテンドー2DS」2月27日発売! 初代『ポケモン』を同梱、価格は9,980円

  8. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  9. 「2DS」北米価格が79.99ドルに値下げ

  10. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

アクセスランキングをもっと見る